タグ:展示 ( 278 ) タグの人気記事

「Golden SlipWare 2018」 SML

b0027248_09134450.jpg

今年で8年目の恒例の企画「GOLDEN SLIPWARE2018」が東京都中目黒のSMLで開催されます。
この現代のスリップウェアの祭典が日本の普段使いの器としてスリップウェアが定着するのにずいぶん大きい役割を果たしたのではないかと思います。
在廊日は今回は初日のみですが、ぼく自身も毎年この機会に作り手の皆さんに会うのを楽しみにしています。

イベント詳細につきましてはSMLホームページ等でご確認下さい。


「Golden SlipWare 2018」
4/28(土)~5/13(日)

今年で8年目を迎える、現代スリップウェアの祭典「Golden SlipWare 2018」
日本のスリップウェア人気を牽引する9作家の競演です。
同じ技法にもかかわらず、作家それぞれが常に進化し続け、
個性が存分に反映されたうつわの数々。
どうぞご期待ください。

――――――――――――――――――――――――――
「スリップウェア/Slipware」
スリップウェアとは、クリーム状の化粧土(スリップ)で装飾して焼き上げた陶器を指します。イギリスでは独自のスタイルが生まれ、18世紀から19世紀にかけ、パイなどを焼く実用のオーブンウェアとして活躍しました。一度は衰退したものの、大正時代に、柳宗悦をはじめとした日本の民藝運動の創始者たちが、この穏やかで親しみ深いうつわの魅力を見出し、その技法は現代の作り手まで脈々と受け継がれています。
参考文献:『スリップウェア』誠文堂新光社(2016)
――――――――――――――――――――――――――

【参加作家】
伊藤丈浩/井上尚之/小島鉄平/齊藤十郎/十場天伸/中川紀夫/前野直史/山口和声/山田洋次(五十音順)

ITO TAKEHIRO/INOUE NAOYUKI/KOJIMA TEPPEI/SAITO JURO/JUBA TENSHIN/NAKAGAWA NORIO/MAENO NAOFUMI/YAMAGUCHI KAZUNA/YAMADA YOJI

【作家在廊日】
4/28(土)小島鉄平/齊藤十郎/十場天伸/中川紀夫/前野直史/山口和声/山田洋次
4/29(日)山口和声
5/4(金・祝)齊藤十郎
5/5(土)齊藤十郎
5/12(土)伊藤丈浩
5/13(日)伊藤丈浩

▼EVENT
――――――――――――――――――――――――――

【オープニング スリップウェアパーティー】
4/28(土)18:00~20:00
フードスタイリスト 中山暢子によるお料理とお酒を、作り手と共にお楽しみください。

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

【スリップ酒場】
5/6(日)14:00~20:00 *売切れ次第終了
料理家 蓮池陽子が女将を務める、1日限定のスリップ酒場がオープンいたします。
おいしいお酒と、スリップウェアで楽しむ魅惑のおつまみをご堪能ください。

――――――――――――――――――――――――――

▼WORKSHOP
毎回大好評のスリップウェアのワークショップを今年も開催いたします。
制作したうつわは作家の窯で焼き上げ、後日SMLにてお引渡しいたします。

――――――――――――――――――――――――――
【齊藤十郎ワークショップ】

5/4(金/祝)
① 11:00~ / ② 14:00~

カレー皿(21×26.5cm)または、9寸皿(直径27cm)のいずれかを選んで作ります。

事前予約制 / 各回先着10名
参加費:カレー皿/7,560円(税込)、9寸皿/12,960円(税込)

 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 

【伊藤丈浩ワークショップ】

5/12(土)
① 12:00~ / ② 14:30~ / ③ 17:00~

5/13(日)
① 12:00~ / ② 14:30~ / ③ 17:00~

長角鉢(17×13.5×3.8cm)を作ります。

事前予約制 / 各回先着15名
参加費:4,860円(税込)
――――――――――――――――――――――――――

ワークショップ参加ご希望の方は、事前にウェブサイトのお申し込みフォームまたはお電話にてお申し込みください。
*定員になり次第締め切らせていただきます。


[PR]
by slipware | 2018-04-21 20:00 | お知らせ | Trackback

筒描尺皿 柳紋

b0027248_22360978.jpg
b0027248_22360937.jpg
こちらはどちらも一尺ほどの大きめのものです。
先日丹波の筒描について書きましたが、丹波には柳に蛙が飛びついている紋様の白地の徳利は残っているもののこういうタイプの皿は見かけません。
紋様はむしろ瀬戸の石皿にしばしば見かけるさらっと見事に筆を走らせた風にそよぐ柳の紋様を筒描きに置き換えて、今回の会場でもありますobjectsのお店のロゴもイメージして仕上げました。
あまり今まではうつわにこのような具象を描いたことはなかったことですがこういうものもなんとか進めて行ければまた自分のやきものの幅も拡がるだろうとは思いもするものの、手先も不器用な上に絵心に乏しい自分にはちょっと難しいかもしれません。
それはさておき、これらは絵筆ではなくスリップウェアで散々繰り返してきたスポイトを用いて白泥を絞り出しながら、こころは瀬戸の絵皿に導かれて描いたもので、紋様の上には窯焚きの自然釉が雪か雨のように降り注ぎ、陶器であることでなんとか救われてもいるのではないかとも思います。



[PR]
by slipware | 2018-04-13 22:54 | 食のうつわ | Trackback

丸紋 土瓶

b0027248_12401586.jpg
近頃特に力を入れているのは土瓶です。
今回もたくさんではありませんがいくつかの丸紋土瓶を作りました。
持ち手は籐のものはなかなか良いのが手に入らなくなって久しいのですが古いしっかりしたものが残っているのを見かけるたびにあるだけすべて買い溜めて使ってきましたが、それもとうとうほぼなくなってしまいましたので今回の分からはこれも近年良い鉉を作り始められた山野さんのものを予定しています。


[PR]
by slipware | 2018-04-12 12:47 | 茶のうつわ | Trackback

湯呑茶盌 櫛描/筒描

b0027248_10181954.jpg
湯呑茶盌もこれだけではなくまたいろいろなものを作りました。
[PR]
by slipware | 2018-04-12 10:31 | 茶のうつわ | Trackback

櫛描浅鉢

b0027248_10073555.jpg
今回力を入れたのは櫛描きのものでした。
一昨年の窯で取り組んでめどは立っていましたが、幅広に描く櫛にもう一工夫しました。
今回は鉢や皿の内側だけではなく湯呑や盌にも櫛を走らせています。




[PR]
by slipware | 2018-04-12 10:16 | 食のうつわ | Trackback

流釉 蓋壺

b0027248_08451586.jpg
b0027248_08451975.jpg
b0027248_08452386.jpg
こういう流釉の蓋壺も先程の蝋燭徳利と同じく古い丹波の作法そのままに作りました。
蝋燭徳利は幕末から明治初期の限られた期間だけのもののようですが、こういう蓋壺のほうは昭和中期頃まで少しづつ姿を変えながらも無数に作り続けられた丹波の窯のロングセラーであったように思われます。
それだけに今に残るものも多く手に入れやすいので自分もいくつか気に入ったものを買い求めて手許に置いています。
流釉とはいいますがこれらはどれもスリップウェアと同じく泥の上の泥による装飾です。
今でこそ化粧土と釉薬は別のものとして扱われがちですが、往時の窯の仕事の中でどちらも生掛けにする泥と釉とがそれほど明確に分別されていたとはあまり思えません。
立杭での修行中に師匠も今回自分が取り組んだような蝋燭徳利や蓋壺などこういう丹波の伝統的な仕事に向き合っておられました。
自分が篠山の道具屋さんで見つけてきた壺や師匠が近くの畑の隅で見つけられたかけらを見ながらこのようにしているのではないかといろいろとお話ししたことも懐かしく思い出されます。
今回は江戸末期の丹波の陶器の方法そのままに轆轤に灰を打ち継ぎ土で仕上げて作ったものもいくらかはあります。
他所からの技術が入ってきてこんな面倒なことはいつの間にか丹波の窯でもしなくなってしまいましたが同じようにすれば同じようになる。
技術の革新や洗練によってこぼれ落ちた「なる」というところをもう一度拾い直したいのです。

『手仕事の日本』の芹沢銈介さんによってふっくらとデフォルメされたこの壺の姿も印象的です。








[PR]
by slipware | 2018-04-12 09:07 | 蓋物 | Trackback

蝋燭徳利

b0027248_08122242.jpg
b0027248_08155503.jpg

『民藝』744号の特集「丹波の古陶」にも書きましたがこういう蝋燭徳利の小さな写真が自分と丹波を結ぶきっかけでもありました。
流釉とはいいますが白地のものはスリップウェアと同じく泥の上の泥による装飾です。
今でこそ化粧土と釉薬は別のものとして扱われがちですが、往時の窯の仕事の中でどちらも生掛けする泥と釉とがそれほど明確に分別されていたのかどうかということはいささか疑問に思わないではありません。
今回は江戸末期の丹波の陶器の方法そのままに轆轤に灰を打ち継ぎ土で仕上げて作ったものもいくらかはあります。






[PR]
by slipware | 2018-04-12 08:33 | 酒のうつわ | Trackback

「前野直史 展」 objects

b0027248_22404358.jpg
b0027248_23041043.jpg

窯焚きが遅れ梱包発送も遅れてぎりぎりで、お知らせがすっかり遅くなってしまいましたが間もなく松江のobjectsさんでの2年ぶり3度めの個展があります。
____________
心に響いたものは見に出かけ、心打たれたものについては調べ、可能であれば
それらを買い求めて身近に置き、暮らしの中で日々親しむ。そうやってものと
対峙してきた経験は強力な糧となり、前野さんの手からゆっくりと染み出て
いるように思います。

本展では長く続けている仕事とともに、ここ数年の新しい仕事もご紹介します。
新作にはまず目新しさを覚えますが、手にとって眺めていると長年の仕事に在る
前野さんらしさもじわじわと伝わってきます。

前野さんが愛して止まない古丹波への敬意を込めた作品もお願いしました。
どんなものが届くか、実に楽しみです。

どうぞお出かけください。
____________
これは店主の佐々木さんがDMに書いて下さった案内ですが、前回前々回と意欲的に取り組んで下さってプロデューサーと作家とでも言うような関係でこちらもやりがいのある会を開催して下さっています。
今回は自分のルーツのひとつでもあります古い丹波の筒描きの技法などに向き合えないものかと、そのような提案をいただきましてDMも下手な下描きそのままを使って作ってくださいました。
丹波の筒描きというのはスリップウェアの一種と分類しても良いような非常に近い技法のものですがやはり原料を替えタイミングを変えてこそそのイメージに近づけるものとも考えて一工夫しました。
丹波の筒描きと言えば江戸時代の末期以後たくさん作られた流釉の壺の蓋に描かれた紋様や、昭和になる頃まで膨大な数が作られた酒屋の屋号などを流れる泥で描ききった通い徳利の数々がありますし、またこれと同じようなものですが住吉丸太かうしと文字の入った小振りの片口徳利と共に五寸ほどの皿も多く作られたようでしばしば見かけます。
今回は特に壺の蓋に描かれたようなイメージのものを丸太かうしのような小皿にいろいろと紋様してみました。
同時に陶器に興味を持った頃から非常に惹かれた流釉の蓋壺そのものや蝋燭徳利なども古い丹波の作法そのままに轆轤に灰を打って継ぎ土作りで取り組んでみました。
丹波の陶器は平安末からの渥美古窯直系の焼締のものから、江戸初期以後の赤土部と呼ばれる鮮やかな発色を見せる泥釉の数々、そして白泥を使って様々な装飾を展開した江戸末期以後の仕事と展開しますが特にこの幕末以後の仕事を受けての今回の窯でした。

それからこれはあえて書いておきますが、何も今回突然そう思ったということでもなく、基本的には現代の作り手としては各工程や原料の扱いなどかなり古いやり口で取り組んでいる自分の陶器ですのですでに独立して20年ほども続けながら感じていたことですが、このたびあらためて古い陶器へのオマージュのような仕事に向き合いまして、どうしたって今風のきれいな陶器を追うやり方では大切なものはするりと逃げてしまうということです。
民藝のような伝統的な仕事を大切にする世界ですらやはりプロダクトの時代にあっては品質の安定を目指してきたのも事実でしょうし、味を追うというような作為に走らないという自制心や繰り返しの仕事が無我境に入る機縁となると同時に熟練しピシッと揃った品物を仕上げるというような幻想が、ついつい生まれてくる陶器に自ずと込められないではおかないような自然の生命感のようなものを削ぎ、押さえ込むというようなことになってきたのではないかと、それは一昔前のものと現代のものを見比べてはっきりと気付かないわけにはゆきません。
このような見方は民藝の異安心であるとも思われるかもしれませんが自分にとっては切実な実感です。
かつてうつくしいものが生まれてきた背景をせめて出来る限りは整えて仕事に向き合いたいとは思うのです。
土や釉薬はどのように準備されて扱われたのか、どのようなやり方で轆轤して紋様されたのか、そしてどういう窯でどのような炎を浴びて焼かれたものかと。
結果、今回の窯から出たものは底切れなどの窯傷も目立ち、焼け歪んだものも多く、胎土の砂粒が吹き出したり燃料の灰が降り掛かったりしてつやつやとなめらかな肌のものばかりではありません。
ところがこのような傷や欠点と思われているようなものこそが紋様以前の紋様であるとも感じるのです。
陶器とは本来そういうもので、こういうものに砥石をあてたりして使ってきたのがかつての陶器のあり方であったはずなのです。
土を水簸して雑味を抜いて、安定して回る轆轤でかたちして、素焼きをしてきれいに釉薬を掛け、歪まないようにまっすぐの棚の上にとんと置いて灰の掛からない窯で焼くと。
それは近代以後に獲得した陶磁史の上でのひとつの成果ではあるにせよ、そういうやり方で出来たきれいな陶器が力のあるうつくしいものであるかどうかというのはまた別の問題だとは思うのです。
今できる精一杯をやりきったとは思っていますが、また次が見えてきたとも感じています。
過去に向き合うのは後ろ向きの仕事と見る方もあるかもしれませんが、自分にとっては先を見るための大切な確認の仕事でもありました。

告知が遅れたためにあまり多くは紹介もできませんが今回もまたいくらかのものをここで紹介します。
ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。



会期:4月14日(土)〜23日(月) ただし18日は定休日です
時間:11時〜19時 都合により16日は18時までとなります
会場:objects 
   松江市東本町2−8 tel 0852-67-2547
在廊日:会期の初日と二日目です







[PR]
by slipware | 2018-04-12 00:02 | お知らせ | Trackback

櫛描 大鉢

b0027248_9191548.jpg

櫛描 大鉢  2016年


今回SML展のDMになっていたもののうちのひとつです。
白掛けに櫛を走らせて、釉掛けした上にさらに窯焚きのときの灰がたくさん降り注いでいます。
明るく写すとこんな感じでした。
[PR]
by slipware | 2017-12-24 09:26 | 食のうつわ | Trackback

灰釉土瓶

b0027248_08063879.jpg
灰釉土瓶 2017年末


開催中のSML個展も後半です。
最後の週末となりました。
今月になってたくさんアップしているものはすべて本展にお届けしたものです。
残っているものもすでにどなたかに選んでいただいてどこかの食卓で働きはじめたものもあるかとは思いますが、たくさんの陶器をお届けしていますのでまだまだ紹介しきれないものがあることと思います。
是非SMLへお出かけください。





[PR]
by slipware | 2017-12-23 08:18 | 茶のうつわ | Trackback