人気ブログランキング |

タグ:土瓶 ( 12 ) タグの人気記事

『前野直史 個展』SML

『前野直史 個展』SML_b0027248_16143474.jpg
12月14日−25日中目黒のSMLにて3度目の個展が開催されます。
【作家在廊日】
12/14(土)12/15(日)

【オープニングパーティ】
12/14(土) 18:00〜
フードスタイリスト 中山暢子によるお料理とお酒を、作り手と共にお楽しみください。

__
また初日2日目は土瓶好きの会東京例会も同時開催されます。

【土瓶好きの会】
12/14(土)、15(日)11:00-20:00 SMLにて

土瓶は、昔から人々の暮らしになくてはならない道具として使われて来ました。その魅力をもっと広めたいという強い思いから、蒲池敬造・長澤正義(諸国民窯 古民芸たつの)・前野直史が発起人となり2017年に発足された「土瓶好きの会」。
今回は2日間限定で、全国各地の江戸時代〜昭和の古い土瓶の展示と、古作および現代の作り手による土瓶の展示販売を行います。発起人三名も在廊されます、ぜひお出かけください。



by slipware | 2019-12-12 16:25 | お知らせ

『前野直史のうつわ』くらしのギャラリー本店

『前野直史のうつわ』くらしのギャラリー本店_b0027248_15514315.jpg
 
ここしばらくどうにも手が回らずとうとう個展の告知さえ出来ないままになってしまいました。
すでに済んでしまった岡山個展ですが記録として残しておきます。

__

京都に生まれ、丹波立杭で学び、現在は京都の山間奥深くにある南丹市生畑で作陶に励む前野直史(マエノナオフミ)さん。
前野さんといえばスリップウェアのイメージが強いように感じますが、それ以外の轆轤成型の仕事にも幅広く取り組まれ「土瓶好きの会」の
発足人の一人になるほど土瓶愛が強かったりします。

今展では、前野さんがやきもの屋になる「原点」になったような、古くから続く民窯や産地の仕事などに想いを寄せたものを沢山ご覧いただきたいと思います。
なんと、岡山では五年ぶりの個展です。
ひとつひとつお手にとって、お気に入りを探してみてください。
皆様のお越しをお待ちしております。

前野直史さん在店予定日:11月2日(土)、3日(日)



11月2日−10日 くらしのギャラリー本店にて





by slipware | 2019-12-12 15:59 | お知らせ

「前野直史展」フクギドウ201号室

「前野直史展」フクギドウ201号室_b0027248_00250113.jpg
仕事の合間に、お茶を楽しむ時間を
大切にされている前野直史さん。

そこには、季節やおやつなどに合わせて選んだ
土瓶や湯呑み、お皿などが一緒に使われ、
ささやかな中にも、豊かさが感じられます。

今回は、お茶の時間から広がる
豊かなひとときをイメージして、
土瓶や湯呑みなどをたくさんお願いしました。

お気に入りを見つけに
ぜひご来店下さいませ。

_______________________

12月7日ー16日の会期でフクギドウ201号室でも2年ぶりの個展を開催いたします。
在廊日は初日と2日目の金土曜です。
(最初このブログをアップした地点では勘違いして土日と書いていました、失礼いたしました。)
どうぞよろしくお願いいたします。


神戸市灘区八幡町
4-9-27
六甲ビル201
078-862-3650
OPEN/10:00~17:00









by slipware | 2018-11-30 00:36 | お知らせ

丸紋 土瓶

丸紋 土瓶_b0027248_12401586.jpg
近頃特に力を入れているのは土瓶です。
今回もたくさんではありませんがいくつかの丸紋土瓶を作りました。
持ち手は籐のものはなかなか良いのが手に入らなくなって久しいのですが古いしっかりしたものが残っているのを見かけるたびにあるだけすべて買い溜めて使ってきましたが、それもとうとうほぼなくなってしまいましたので今回の分からはこれも近年良い鉉を作り始められた山野さんのものを予定しています。


by slipware | 2018-04-12 12:47 | 茶のうつわ

灰釉土瓶

灰釉土瓶_b0027248_08063879.jpg
灰釉土瓶 2017年末


開催中のSML個展も後半です。
最後の週末となりました。
今月になってたくさんアップしているものはすべて本展にお届けしたものです。
残っているものもすでにどなたかに選んでいただいてどこかの食卓で働きはじめたものもあるかとは思いますが、たくさんの陶器をお届けしていますのでまだまだ紹介しきれないものがあることと思います。
是非SMLへお出かけください。





by slipware | 2017-12-23 08:18 | 茶のうつわ

藁灰釉 土瓶

藁灰釉 土瓶_b0027248_6235542.jpg

藁灰釉 土瓶  2017年秋

by slipware | 2017-12-15 14:00 | 茶のうつわ

丸紋 土瓶

丸紋 土瓶_b0027248_2105630.jpg

丸紋 土瓶  2017年末

タグ:
by slipware | 2017-12-14 19:00 | 茶のうつわ

飴釉 土瓶

飴釉 土瓶_b0027248_22482968.jpg

飴釉 土瓶  2016年春


こういう釉薬は窯の灰が釉の上に降りかかってさらに複雑な表情を見せてくれます。
釉薬の上に釉薬を重ねるようなこういう灰被きの効果を丹波の古陶から学びました。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
by slipware | 2016-04-14 22:53 | 茶のうつわ

糠釉黒打 土瓶

糠釉黒打 土瓶_b0027248_20283283.jpg

糠釉黒打 土瓶  2016年春


土瓶もうひとつ。
糠釉の土瓶は生田和孝先生も清水俊彦師匠もたくさん作られました。
だからこそ、自分はあえて避けてきたようなところがありましてまだ多分10個もないかとも思います。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
by slipware | 2016-04-14 20:31 | 茶のうつわ

糠釉 土瓶

糠釉 土瓶_b0027248_19494826.jpg

糠釉 土瓶  2016年春


伝統的な陶器の中でも土瓶は特にかたちが機能に規矩され、見た目の安定感と使い勝手のどちらの面からしても本体と蓋、注ぎ口、耳のバランスが重要でさらにこれに持ち手を考える必要もあるので陶工にとってはなんとも難しく、またやりがいのある仕事だと思います。
立杭時代に師匠もいつもたくさんの土瓶を仕上げておられましたが、自分もいつかはやりたいと思いながらやはり難しいのとなかなか手がかかるので今までそれほど多くは作れないで来ました。
今回objectsの個展ではやはりそれほど多くは出来ませんでしたがいくつかの土瓶をひさびさに作りました。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
by slipware | 2016-04-14 20:03 | 茶のうつわ