タグ:器使い ( 28 ) タグの人気記事

「咖喱と古民藝」SML

b0027248_09060844.jpg

10月6日-14日東京都中目黒の
SMLさんにて開催されます咖喱と古民藝展に今年も参加しています。
残念ながら在廊は出来ませんがこのイベントは毎年美味しいカレーが食べられるのも魅力ですね。

・松江咖喱食堂
 10月6日(土)・7日(日)・8日(月祝)
 12:00〜19:00
民藝咖喱食堂
 10月13日(土)・14日(日)
 12:00〜19:00





[PR]
by slipware | 2018-10-05 09:21 | お知らせ | Trackback

地震等で壊れた陶器につきまして

幸いさほど大きな余震はなく収まったようですが、さる6月18日の朝関西一円で割に大きな地震がありました。
震源地は大阪府の北部だそうでここからもそれほど遠いわけではなく、生畑のうちの家も相当強い揺れが長く続いたように感じました。
壊れ物の多い家ではありますが、うちには特に被害はありませんでした。
急いで情報を確認すると最大震度6弱とのことで、1995年立杭の修行時代のあの阪神淡路大震災のような事態を想像もしましたが、実際の被害は死傷者もあったのでやはり大変なことではあるものの、規模からするとあのときほどのものではなかったのはまだ良かったという気もしたのは正直な気持ちでした。
あの大震災の時には立杭でもいくつかの窯が壊れたり墓石が倒れたりはしましたが、神戸などの被害を伝えるニュースの映像は極めて深刻な事態で初めて大地震というものを自覚したのもこのときでした。
地震の翌日に師匠と共に食料やタンクに汲んだ水やカセットコンロなどをトラックにたくさん積んで二人で神戸に入りましたが街ではまだ煙が上がっていたり電柱やビルが倒れていたりするのを見ました。
六甲山を穿つトンネルの中では壁に入った亀裂から滝のように水が噴き出しているところもありました。
街はいたるところに倒壊した家屋があり電気も消えていた事を思い出します。
こういう不幸なことを教訓にして被害は少しでも抑えられているのでしょうが、その後も東北や鳥取や熊本やとあちこちで何度も大きな地震がありましたし、今年も4月の個展の直前の松江でも割合大きい地震があって心配したことでした。
日本はいつどこで大きな地震があってもおかしくないという備えは必要なのだろうと思います。

それはそうと、今日お聞きしたのですが自分の作った陶器が壊れて悲しんでおられる方があったことを知りました。
食器棚が倒れてこれは自分のものということではありませんがたくさんの食器が壊れたという話しも聞いています。
関西圏は地元でもあり、お取り扱い頂いているお店も何軒かありますので使って頂いているうつわもやはり多いことかと思いますし、その内には壊れてしまった陶器もやはり相応にあるのではないかと思います。
もちろん被害に合われた方にとっては、陶器どころではないだろうことも理解していますが、それでも同じくやきものを愛する者としての立場ではせっかく気に入って求め、大切に使っていただいていたものを不幸な天災によって失ってしまったというのはいかにも残念なことではないかともお察しします。

自分の陶器をお使いくださっているみなさまの中で、被災して壊れてしまって悲しんでいる方がもしもいらっしゃるのならば、同じものとはゆきませんがせめてものお慰めになにか代わりのものをお贈りできないかと考えましてこの一文を書いています。
今回に限ったことではありませんが、地震などで壊れてしまったという方はどうかご一報下さいませ。
御本人に限らずお知り合いにお心当たりのある方がございましたら本件につきましてよろしくお伝えいただければ幸いです。
ご遠慮なくお知らせくださいませ。
連絡先は下記のリンク先下部にございます。
どうぞよろしくお願いいたします。

最後になりましたが、今回この対応が遅くなってしまいまして申し訳ありません。
被害にあわれた皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

前野直史







[PR]
by slipware | 2018-06-30 01:35 | お知らせ | Trackback

「台所道具としての器」もうひとつのdaidokoro

b0027248_12464241.jpg

何かとお世話になっております澁川祐子さんの連続講座最終回のゲストとしてお招きいただきました。
中目黒SML個展の前夜です。
楽しみに伺いたいと思います。

_____________

澁川祐子さんが講師を務める「台所道具としての器」シリーズ最終回は、冬のパーティーを彩るスリップウェアを紹介します。 ゲストには京都で生畑皿山窯を営む陶芸家の前野直史さんと、minokamoの活動で人気の料理家・写真家の長尾明子さんをお招きし、制作秘話を伺いながら、実際に料理を盛り付ける豪華な内容です。
イベント写真/© Naoto Takano

会場:もうひとつのdaidokoro
170-0013 東京都 豊島区東池袋 1-8-1  tel 03-6914-0588
日時:2017年12月15日(金)19:00~21:00 [OPEN : 18:30]
講 師:澁川祐子(フリーライター)
ゲスト:前野直史(陶芸家) 長尾明子(料理家・写真家)
共 催:SML
料 金:5,000円[税別]
定員:30名
[PR]
by slipware | 2017-12-15 19:00 | お知らせ | Trackback

「咖喱と古民藝 」 SML

b0027248_864183.jpg

本年もまた昨年に引き続き9/9(土)~18(日)は中目黒のSMLにて恒例の「咖喱と古民藝」展が開催されます。
新作の灰釉のうつわをお届けする予定です。

objects佐々木創さんの集めた古民藝は魅力的なものがたくさんあるようですし、バーナード・リーチさんの助言で柳宗悦家で作られていたというカレーをフードスタイリストの中山暢子さんが再現したという民藝咖喱食堂や人気店cafe RED BOOKの中目黒咖喱食堂は今年もあるようです。
どちらも参加の作り手のうつわで食べて頂けるとのことでもちろんうちからもうつわを出します。

皆様ぜひ中目黒のSMLにお越しください。
よろしくお願い致します。


詳細は下記リンクでご確認ください。
SMLホームページ
[PR]
by slipware | 2017-08-27 08:11 | お知らせ | Trackback

灰釉 楕円鉢

b0027248_22172056.jpg

灰釉 楕円鉢  2016秋


こちらは先日のSMLさんの咖喱と古民藝展のカレー皿として作ったかたちです。
咖喱と古民藝展では白釉のものを出したのですが12月3日からのknulpAAgalleryでの個展では白釉のものとともに灰釉で仕上げたものもご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-11-29 20:00 | 食のうつわ | Trackback

「咖喱と古民藝 」 SML

b0027248_2331353.jpg

本年もまた昨年に引き続き10/22(土)~10/30(日)は中目黒のSMLにて恒例の「咖喱と古民藝」展が開催されます。

フクギドウ個展開催中につき在廊することは出来ませんが新作の白釉のうつわをご覧頂きます。
objects佐々木創さんの集めた古民藝は魅力的なものがたくさんあるようですし、バーナード・リーチさんの助言で柳宗悦家で作られていたというカレーをフードスタイリストの中山暢子さんが再現したという民藝咖喱食堂や人気店cafe RED BOOKの中目黒咖喱食堂は今年もあるようです。
どちらも参加の作り手のうつわで食べて頂けるとのことでもちろんうちからもうつわを出しています。

皆様ぜひ中目黒のSMLにお越しください。
よろしくお願い致します。

詳細は下記リンクでご確認ください。
SMLホームページ
[PR]
by slipware | 2016-10-19 23:15 | お知らせ | Trackback

「前野直史展」 フクギドウ

b0027248_84441.jpg
b0027248_8432890.jpg


常設やいろいろなイベントでいつもお世話になっている神戸六甲にありますフクギドウで個展としては初めて紹介いただくことになりました。
スリップウェアや最近力を入れている型物のうつわなど普段使いに出来る小さなうつわを中心にいろいろとご覧いただきます。

初日と2日目は在廊して皆様のお越しをお待ちしております。
また初日15時からは「前野直史さんのお茶の時間」という茶話会も予定されています。
こちらは上のDM画像にありますように要予約です。
皆様とお会い出来るのを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願い致します。

フクギドウの個展情報ページ
[PR]
by slipware | 2016-10-07 08:55 | お知らせ | Trackback

「咖喱と古民藝 」 SML

b0027248_141444.jpg

本年もまた昨年に引き続き8/29(土)~9/6(日)は中目黒のSMLにて恒例の「咖喱と古民藝」展が開催されます。

今年は会期中に在廊することは出来ませんがスリップウェアのカレー皿などをご覧頂きます。
バーナード・リーチさんの助言で柳宗悦家で作られていたというカレーをフードスタイリストの中山暢子さんが再現したという民藝咖喱食堂は今年もあるようです。
こちらは参加の作り手のうつわで食べて頂けるとのことでもちろんうちからもうつわを出しています。

皆様ぜひ中目黒のSMLにお越しください。
よろしくお願い致します。

詳細は下記リンクでご確認ください。
SMLホームページ
[PR]
by slipware | 2015-08-27 08:30 | お知らせ | Trackback

「咖喱と古民藝 」 SML

b0027248_15355826.jpg

この企画も恒例になりまして昨年に引き続き9/6(土)~9/16(火)は中目黒のSMLにて今年も「咖喱と古民藝」展が開催されます。

今年の春はGSWにも行けなかったのでぼくも初日はお店に伺いまして一日在廊しようと思います。

バーナード・リーチさんの助言で柳宗悦家で作られていたというカレーをフードスタイリストの中山暢子さんが再現した民藝咖喱食堂もあるようで楽しみです。
こちらは参加の作り手のうつわで食べて頂けるとのことでもちろんうちからもうつわを出しています。

皆様ぜひ中目黒のSMLにお越しください。
よろしくお願い致します。

詳細は下記リンクでご確認ください。
SMLホームページ
[PR]
by slipware | 2014-09-04 15:33 | お知らせ | Trackback

用の美の空間2013

今年も地元の美山かやぶき美術館にて南丹市工芸家協会主催で用の美の空間2013が開催されます。

今年はぼくはこういう場所ならではということで今まで作ってきたもののうちから弟子時代のものも含めて自家用に普段から使っている茶碗類を10点ほどご覧戴くつもりです。

なお今回は協会所属の陶、木、漆、ガラス、染、織、組紐、竹などを素材とする以下の工芸家が参加しています。
市岡和憲、井上啓、上仲厚子、遠藤公誉、奥主悟、吉良學、黒田邦臣、熊本一哉、櫻井靖泰、中川勝之、長元宏、馳平益由、早﨑勲、増田登志寿、前野直史、矢原早苗、矢原大二郎(五十音順、敬称略)

開館日:2013年3月20,23,24,30,31日 4月2~21日 月曜日休館
時間:10:00-16:30
住所と問い合せ先:601-0751 京都府南丹市美山町島 tel 0771-75-1777 美山かやぶき美術館
[PR]
by slipware | 2013-03-11 13:04 | お知らせ | Trackback