<   2015年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

slipware 掛分指描皿

b0027248_21393529.jpg

slipware 掛分指描皿  2015年末


このところ何かと掛分灰黒のものをたくさん手がけておりますので、スリップウェアにも掛分の影響が及んでいます。
こちらは2色の泥の上に指を滑らせて描いたものです。

SML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-16 21:45 | 食のうつわ | Trackback

slipware 大鉢

b0027248_1944516.jpg

slipware 大鉢   2015年末


今のところかたちが弛れずに綺麗にこなせる最大級のスリップウェアです。
どなたか気に入ってくださる方はあるでしょうか。

SML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-16 19:47 | 食のうつわ | Trackback

湯呑茶盌 灰釉/呉洲釉

b0027248_16471670.jpg

b0027248_16474635.jpg

湯呑茶盌 灰釉/呉洲釉  2015年末


今回はお茶やコーヒーなどに使えるうつわも数をたくさん作りました。
湯呑茶盌、抹茶茶盌、マグカップです。
抹茶といえば慣れない方からすると利休や茶道を想像してなんとはなしに敷居が高いような気がするのではないかと思いますが、お湯を入れて混ぜれば出来ると、まあそう言ってしまえば今度は茶道の方からはお叱りを受けそうですが、そういうインスタントコーヒー並みにお手軽に楽しめるものでもあります。
自分も日々いわゆる茶道の茶の外側で茶を楽しんでおります。

SML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-16 16:55 | 茶のうつわ | Trackback

八角皿 掛分/灰釉/黒釉

b0027248_11535768.jpg

八角皿 掛分/灰釉/黒釉  2015年末


この八角皿はもともとカレー皿として作りはじめたもので最近はもっぱら掛分 灰黒に仕上げていましたが、今回はそれぞれ単色のものも作りました。

SML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-16 12:02 | 食のうつわ | Trackback

灰釉押紋 小皿 

b0027248_056334.jpg

灰釉押紋 小皿 2015年夏


これは当初スリップウェアのかたちと釉薬そのままで工夫してみたものですので黄釉押紋 小皿として自分としてはかなり長い期間にわたって何度も作ってきましたが、これもより釉薬の陰影が活きる灰釉に切り替えました。

SML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-16 01:00 | 食のうつわ | Trackback

チョーク描 鉢

b0027248_0264579.jpg

チョーク描 鉢  2015年末


2013年から始めたチョーク描のものは今回からすべて無釉の焼き締めに切り替えました。
上にガラス層がないほうがよりチョーク描ならではのざらついた感じが生きるという気がしたからです。
同時に下地の白も変えて釉薬がなくとも染み込みの少ないものに工夫しています。

SML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-16 00:35 | 食のうつわ | Trackback

灰釉筒描 盌

b0027248_23464038.jpg

灰釉筒描 盌  2015年末


もうひとつ灰釉の盌です。
こちらは柔らかく溶いた陶土を絞り描きしたもので、盛り上がった紋様に釉薬のたまりがうつくしい効果を見せてくれます。

SML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-15 23:50 | 食のうつわ | Trackback

灰釉阿古陀 盌

b0027248_23341238.jpg

灰釉阿古陀 盌  2015年末


阿古陀のかたちは立杭での弟子時代に成っていた西条柿のかたちを見て以来気に入って盌やなどに時々使っています。
やきものの方からするとこの窪みに釉薬の流れができることと、光線の陰影が出ることによる独特な柔らかいニュアンスが気に入っています。

灰釉は鉄分の多い土と合わせてプリミティブな雰囲気で用いられることが多い釉薬ですが、今回はむしろ鉄分の少ない土に合わせて爽やかな印象に仕上げています。
SML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-15 23:42 | 茶のうつわ | Trackback

鉄砂 盌

b0027248_2319261.jpg

鉄砂 盌  2015年末


碗について自作のものには盌の文字を常用しております。
やや大ぶりなご飯茶盌ほどのサイズですがこちらも好きに楽しみながらこしらえておりますので、使い手の方もご飯だけではなくいろいろと楽しみながら工夫して使っていただけたらと思います。

鉄砂も折々に使ってきましたが今回から下掛の釉薬を変えましたので随分雰囲気の違うものになりました。
SML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-15 23:27 | 食のうつわ | Trackback

「前野直史 個展」 SML

b0027248_9143465.jpg

すでに長いお付き合いでGSW平山元康さんとの二人展などをはじめ様々な企画で、仕事の上ではホームのように何かとお世話になっております東京中目黒のSMLさんにて初めての個展を開催していただきます。
会場も広いので量的にもかなりたくさんのものを準備しました。

この個展のための窯は最近なかったほどにイメージどおりに焚き上げることができました。
陶器の半分はうつわとしての機能であるとしても、半分はその陶としての風合いのうつくしさであるには違いないので、この面ではいつになく満足な結果を得ることが出来て自分としてもひと安心しました。

型物には今後力を入れてゆきたいと思っておりますが、その手始めに取り組んだものもご覧頂きたいと思います。

それから釉薬は近年取り組んでいる灰釉と十数年ぶりに沢山手がけた呉洲釉のものを多く準備しました。
スリップウェアもたくさん作りました。
なかでも白地の「くるくる紋様」のものは今回これもすっきりとした良い上がりで沢山準備することが出来ました。

かたちのうえでは大小の普段使いの食器類が中心となりますが、中でもお茶に関するものお茶盌、マグカップ、湯呑茶盌も多めに準備しました。
抹茶というと利休や千家の茶のイメージからなかなか面倒な世界で敬遠する方も多いかと思いますが、お湯を入れてかき混ぜれば出来るという手軽で美味しい飲みものであるということもまた一面の事実です。
普段はご飯を食べているお茶盌でも小鉢でも丼でもカフェオレボウルでも良いのですがお気に入りのうつわを掌に包んで愉しむお茶の時間はなかなか良いものだと思いますのでもっと気軽に親しんで頂ければとも思っています。

今回も初日と2日目は在廊して会場で皆様にお目にかかるのを楽しみにしております。
また初日19日の17時からはフードスタイリスト中山暢子さんのお料理とお酒でオープニングパーティーも準備されていますので皆様お気軽にご参加下さい。



会期:12/19(土)〜12/29(火)
時間:12-20時(土日祝は11時〜)
場所:SML 東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F
party:19日17時〜
在廊日:19日20日
[PR]
by slipware | 2015-12-13 10:06 | お知らせ | Trackback