藁灰釉 小鉢

b0027248_2042824.jpg

藁灰釉 小鉢 2009年秋  h:45mm d:176mm


今月は10月4日と11日に須恵器など焼締の試作のために作った小さな穴窯を2回焼きました。
ただし今回は焼締ではなくいつもはのぼり窯で焼いているような釉薬もののうつわです。
一度釉薬をこれで焼いてみたいとは思っていたのでのぼり窯で焼く予定が遅れてたのを逆にいい機会と考えてこの窯でやってみることにしたのです。
入れたものは2回とも藁灰釉と糠釉の小さなうつわです。
穴窯なので煤を吸いすぎないようにということと前後の温度差に気をつけて焚きました。
結果は御覧のとうりでなかなか悪くないとは思いましたがやはり温度差はどうにも仕方がない感じがします。
写真は2回目の分の藁灰釉小鉢で以前に作っていたものほぼそのままのかたちで一回り大きくしました。

暮しの器 むぎわらさんの10日-25日までの開店1周年記念「土鍋と漆・器展」に届けましたのでお近くの方は御訪ねください。
[PR]
by slipware | 2009-10-15 21:17 | 食のうつわ | Trackback
トラックバックURL : https://slipware.exblog.jp/tb/12137021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 南丹ものづくりの祭典「工芸職人... 白釉鎬紋 盌 >>