タグ:須恵器 ( 53 ) タグの人気記事

南丹市工芸家協会ワークショップ「須恵器を焼く。〜窯を作って焼き締める、高温の窯への挑戦〜」

南丹市工芸家協会主催のワークショップのお知らせです。
やきものシリーズの第2回目、第3回目は前野直史が担当いたします。

この企画は御好評いただいきました第1回目の八入窯・増田登志寿さんによる「土器を作ろう ~土と炎との出会い~」
に引き続き、「陶器とはそもそもいったい何であるか」ということを再確認してその発見の喜びと驚きを実感して頂ける内容です。

一般的に言って今やきものを学ぶということは、陶芸教室であれ学校であれ陶芸用の粘土や電気轆轤やマイコン制御の電気窯などが準備されていてそこで陶器を作るということでスタートする場合がほとんどではないかと思います。
しかしながら実際にはそんなところから陶器を始めたのでは非常に曖昧になってしまうやきものの本質があるのではないかと思うのです。
その方法は現代ではすでにあたり前になっていることではありますが、そのやきものの初源の在り方から見ると長い年月をかけて発展してきた過程のなかでこぼれ落ちたものもたくさんあるわけで、そこにもあらためて今から見れば大した価値と可能性があるように思います。

人間が火を使うようになって、焚き火をした場所で焼けた土が固まった、というその土と炎の出会いが呼び起こした不思議な現象に出会ったその驚きと喜びが1万年前のやきものの原点に違いないのです。
この自然現象そのものが「陶」であり、人の暮らしが必要とした機能に応えた姿こそが「器」です。
このことを実感と共に再確認してみようというのがこの企画の趣旨です。

自分自身がこの企画に関わらせて頂いて、これはすでにやきものを作っておられる方や、配り手としてやきものに関わる方にこそ是非御参加いただきたいと思っております。
きっと有意義な体験になるかと思います。


___________________________________



第2回「須恵器を焼こう ~窯を作って焼き締める、高温の窯への挑戦~」
講師 <Studio Tabula Rasa・前野直史> Naofumi Maeno

土をこねてかたちを作り、焚き火の炎で焼いた土器を手に入れた人たちは、もっと頑丈で水が染み出すこともないやきものを工夫する中で、やがて囲った中に熱を込めて焼けばさらに堅く頑丈なものになるということに気付いたのでしょう。これが現代のやきものではあたりまえに使われる「窯」の発見です。
「窯」を使ったやきものは、我が国には5世紀ごろに朝鮮半島から最先端の技術として伝えられました。これこそが初めての堅く焼けた須恵器と呼ばれるやきもので、この南丹市域にも幾つもの窯跡が発見されています。

《小さいながらも往時のような窯を作って、薪の炎で焼き締められた須恵器に挑戦します。》


・1日目
 日時:2014年9月7日(日) AM10:00〜PM4:00   
 場所:遊youひよし工作室  629-0301 京都府南丹市日吉町保野田長通24
 午前中は須恵器についての講義と内容説明、午後からは今回焼くためのものを作ります。

・2日目
 日時:2014年9月13日(土) AM10:00〜PM4:00   
 場所:八入窯・増田登志久 邸  601-0751 京都府南丹市美山町島上小栗栖42
 窯を作ります。 
 *野外作業のため荒天の場合は14日(日)または15日(祝)に延期となります。

・3日目
 日時:2014年9月27日(土)〜28日(日) AM10:00〜 
 場所:八入窯・増田登志久 邸  601-0751 京都府南丹市美山町島上小栗栖42
 およそ36時間の予定で窯を焚きます。
 *野外作業のため荒天の場合は延期となります。


・1日目は必須ですが荒天延期の可能性もありますのでご都合により2日目、3日目は任意の参加でも結構です。
・参加費 一般8,000円 学生6,000円 (傷害保険加入料含む)
・対象 高校生以上
・募集人数12名
・お問い合わせ/お申込み Studio Tabula Rasa 前野直史
 629-0331 京都府南丹市日吉町生畑安鳥 
 kihatasarayama@cans.zaq.ne.jp
・お申し込み方法 氏名、年齢、住所、電話番号を明記し、「須恵器参加」と明記し郵便はがきまたはメールで8月31日(日)までにお申込みください。
・当日は昼食、飲み物をご持参の上、汚れてもよい動きやすい服装でお越し下さい。


____________________________________

第2回「須恵器を焼く」は人数定員に達しましたので募集を打ち切らせていただきます。
次回にご期待ください。
[PR]
by slipware | 2014-08-02 11:01 | お知らせ | Trackback

南丹市工芸家協会ワークショップ

南丹市工芸家協会ではこのたび下記のワークショップを企画いたしました。

とくにやきものに関しましてはぼく自身も大いに関わっておりまして「陶器とはそもそもいったい何であるか」ということを再確認してその発見の喜びと驚きを実感して頂ける内容を三回シリーズで企画しました。

一般的に言って今陶芸を学ぶということは陶芸教室であれ学校であれ陶芸用の粘土や電気轆轤やマイコン制御の電気窯などが準備されていてそこで何かを作るという場合がほとんどではないかと思います。
しかしながら実際にはそんなところから陶器を始めたのでは非常に曖昧になってしまうやきものの本質があるのではないかと思うのです。
焼けた土が固まったというその土と炎の出会いが呼び起こした不思議な現象に出会ったその驚きと喜びが1万年前のやきものの原点に違いないのです。
この自然現象そのものが「陶」であり、人の暮らしが必要とした機能に応えた姿こそが「器」です。このことを実感と共に再確認してみようというのがこの企画の趣旨です。
自分自身がこの企画に関わらせて頂いて、これは職業としてやきものに関わる方にこそ参加していただきたいと思っております。

今春の第1回目の土器の回は八入窯・増田登志寿さんが担当ですが自分もぜひ参加したいと思っています。
秋になるか来春になるかは未定ですが第2、3回目はぼくが担当させていただきます。
きっと有意義な体験になるかと思います。
ぜひふるってご参加下さい。



ーーーーーーーーーー
◎南丹市工芸家協会「ワークショップ」につきまして



◎『工芸を楽しもう』
自分の手から物が生まれる“よろこび”を、私たち工芸家と供に体験してみませんか。


○染織  「草木染の毛糸」でマフラーを織る。 【染織・矢原工房】矢原早苗 Sanae Yahara
美山近郊で採取した植物で毛糸を染め、数本の木の棒を使い原始的な織物の技法である「いざりばた」でマフラーを織ります。1本の糸から布が生まれ、自分で身につける喜びをともに楽しんでいただけたら幸いです。

日時
3月22日(土)AM10:00~PM4:00
場所 美山かやぶき美術館
参加費  2,000円
募集人員 10人(要申込)
【染織】のお問い合わせ 矢原早苗 TEL0771−73−0083(PM6:00以後)



○陶芸  「全、3回シリーズで陶芸の原点を知って体験してもらう企画です」

やきものシリーズ・第1回目
「土器を作ろう ~土と炎との出会い~」【陶芸・八入窯】増田登志寿 Toshihisa Masuda


焚き火をしたら土が固まって雨に濡れてももう泥には戻らない何か違うものが出来あがった。この不思議な炎の働きは当時の人たちから呪術的な造形を呼び起こし、また同時にたいへん暮らしに役立つ実用的な新しい容器が生まれました。これが我が国で1万年ほど前から作り始められた縄文土器の正体です。

《近くの山で土を掘り、そしてかたちを作り、焚き火の炎で焼いてみて、縄文時代の人たちの感動を追体験してみたいと思います。》

日時(2回セットでの体験になりますので、以下の両日ご参加下さい)
3月30日(日)AM10:00~PM3:00 土を掘りに行き、かたちを作ります(作る物は自由です)
4月19日(土)AM10:00~PM3:00 野焼きで土器を焼く。*雨天の場合は20日(日)になります。 
場所 美山かやぶき美術館周辺(かやぶき美術館に集合)
参加費 3,000円
募集人員 20人(要申込)
【陶芸】のお問い合わせ 増田登志寿 TEL0771−75−0578



ワークショップ参加者で茶話会〈抹茶とお菓子付〉
染織・やきもの両コース参加の皆さんで、お茶を飲みながら作品について談笑します。
日時 4月26日(土)PM1:00~
場所  美山かやぶき美術館


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
やきものシリーズ第2,3回目の予定です。 (詳細は随時お知らせ致します)


第2回目
「須恵器を焼こう ~窯を作って焼き締める、高温の窯への挑戦です~」 【陶・生畑皿山窯】前野直史 Naofumi Maeno

土器を手に入れた人たちはもっと頑丈で水が染み出すこともないやきものを工夫する中で、今度は囲った中に熱を込めて焼けばさらに頑丈なものになるということに気付いたのでしょう。現代のやきものではあたりまえに使われる「窯」の発見です。
「窯」を使ったやきものは、我が国には5世紀ごろに朝鮮半島から最先端の技術として伝えられました。これこそが初めての堅く焼けた須恵器と呼ばれるやきもので、この南丹市域にも幾つもの窯跡が発見されています。

《小さいながらも往時のような窯を作って、薪の炎で焼き締められた須恵器に挑戦してみます。》


第3回目
「釉薬の発見 ~多彩な陶器の着物~」 【陶・生畑皿山窯】前野直史 Nofumi Maeno

須恵器とはただ土を堅く焼き抜いただけのいわば裸のやきものでしたが、これが現代の華やかな陶器のように彩られるのはガラス質の衣装である釉薬の発見があってこそです。
釉薬は須恵器をより堅く焼き込んでゆく過程で、燃料となった薪の灰が窯の中で高温になった土と融け合うことで生まれてきました。
この自然発生的な灰と土との釉薬を工夫することで現代につながる様々な色艶の釉薬が生み出されました。

《身近にある土や石、それに植物の灰を使って幾つかの釉薬を試してみます。》
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


お申込先 南丹市工芸家協会(南丹市役所 地域振興課内)
〒622-8651 京都府南丹市園部町小桜町 47番地 FAX0771−63−0653
対象 小学生以上 申込締切日 3月14日(金)必着(申込多数の場合は抽選)
申込方法 氏名・年齢・住所・電話番号を明記し、郵便またはFAXでお申し込み下さい。
*各講座とも昼食、飲み物をご持参の上、汚れても良い動きやすい服装でお越し下さい。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
[PR]
by slipware | 2014-03-02 23:10 | お知らせ | Trackback

京都 五條坂陶器祭

今年も京都の陶器まつりに参加します。
ぼくのブースは例年と同じで五条通の北側歩道の東の端あたりで河井先生のところから五条通へ出て信号を渡った数軒目です。

全体は先日の「白と黒の間」の感じの縮小版ですがスリップウェアなども少し加えて持ってゆくつもりです。
また陶器まつりならではの焼けひずみや焼けむらがあるなどの二番品などの特価品のコーナーも作ります。

8月7日から10日まで9:00〜22:00です。
京都の街の一番暑い最中ですので暑さ対策はしっかりとしてお越し下さい。
お待ちしております。
[PR]
by slipware | 2012-08-06 08:54 | お知らせ | Trackback

「前野直史 作陶展 -黒と白の間-」はじまりました

b0027248_817963.jpg

伊勢丹新宿の「語る器・夏 スリップウェア展」も12日まで開催中ですが、東京都石神井のknulpAA galleryでの個展もはじまりました。
スリップウェアは伊勢丹で、粉引や須恵器などはknulpAAでと自分のやきもの仕事のほぼ全体を東京都内でご覧頂く機会です。
ぜひどちらにも足をお運び下さい。

画像は[黒と白の間]出品の粉引盤、泥釉盤、箸置黒白です。
これらが焼けたのは今回の個展のための窯焚きで、DM画像撮影後ですので時間軸的に無理でしたが個展のイメージとしてはこういうDMも良かったかなと思っております。
[PR]
by slipware | 2012-07-07 11:00 | お知らせ | Trackback

前野直史 作陶展 -黒と白の間-

b0027248_113591.jpg

去年からお世話になっております東京都石神井のknulpAA galleryにてこのたび個展を開かせていただくことになりました。
土をかたちしてあるいは泥を掛け釉薬を掛けてただ焼き、そういう仕事の中から黒と白の間に生まれてきた須恵器、鉄釉、錫白釉、粉引、白磁などのうつわです。
徹夜して夜通し薪をくべ続けて焼くにせよ電気窯のタイマーをセットして焼くにせよ、材料と工程の必然がかたちした陶器はどこでだれがいつどんなふうにして作ったものだというようなことから自由になって、生まれ出たからにはひとつの陶器として独り歩きして行って欲しいというのがかたちが見つけたこの世の出口であるところのぼく自身の祈りです。
7日8日の2日間はぼく自身も会場におりますのでどうぞお出で下さい。



詳しくはknulpAA galleryのホームページでご覧下さい。

前野直史 作陶展
-黒と白の間-
2012.7.7(sat)-7.16(mon)
11:00-19:00 (最終日16:00)
会期中無休
[PR]
by slipware | 2012-06-30 11:18 | お知らせ | Trackback

pibico

お知らせが少々遅れてしまいましたが綺麗に数字の並んだ11年12月13日岡山にpibicoというセレクトショップが新しくオープンしました。

オーナーの菅波さんは古いフィルムのカメラの修理をされていた方で、独特の雰囲気のある古い洋裁学校の建物でそういうカメラと洋服とうつわという3本柱でのスタートとのことです。
うつわの方では開店準備にあたって一番初めにお声掛けいただいたとお聞きし、思いがけないことに感激しました。
自家にはふた月あまり前にお出で頂いてスリップウェア、須恵器、白釉の器などを選んでくださいました。

今回は画像で見ればちょっとスリップウェアなんかとはかなりイメージの違うクールな感じでモノトーンの白釉のものと須恵器をご紹介いただいています
建築空間の持つ気配がはっきりとしたpibicoで自分の仕事がどんなふうに在るのかということには非常に興味があるところで自分も一度伺いたいと思っております。
岡山駅にもほど近いpibicoを是非一度お訪ね下さい。


場所や営業時間などはお店のサイトでご確認下さい。
pibico
ご紹介いただいたブログ記事
[PR]
by slipware | 2011-12-20 23:37 | お取扱い店舗 | Trackback

京都五條坂 陶器まつり

今年も京都の陶器まつりに参加します。
ぼくのブースは例年と同じで五条通の北側歩道の東の端あたりで河井先生のところから五条通へ出て信号を渡った数軒目です。
陶器まつりならではの焼けひずみや焼けむらがあるなどの二番品や試作品などの特価品もたくさん持ってゆきます。
近作のスリップウェアや須恵器ももちろん並べます。
先日焚いた穴窯の焼締のものものぼり窯とは違う独特な上がりでうまくいったのでいくつか持って行きます。

京都の街の一番暑い最中ですので暑さ対策はしっかりとしてお越し下さい。

8月7日から10日まで9:00〜23:00です。
[PR]
by slipware | 2011-08-03 05:48 | お知らせ | Trackback

須恵 蓋付壺

b0027248_159593.jpg

須恵 蓋付壺 2010年末  h:130mm d:95mm


失敗の多かった年末に焚いた窯の蓋付壺です。
須恵器の場合はシンプルなかたちが良さそうに思います。
こういう縦長の蓋付壺はあまりしたことがないですがもう少し大きい物なども、また釉薬のものなども作ってみたいと思います。

それはそうと冬しか出来ないけれど雪の上は光が回ってあんがい写真撮りには悪くないですね。
[PR]
by slipware | 2011-02-11 02:10 | 須恵 | Trackback

knulpAA gallery

b0027248_17484925.jpg


このたび東京都練馬区石神井のknulpAA galleryにてお取り扱いいただくことになりました。
こちらでは主に錫釉の白い器須恵slipwareを主にご紹介頂く予定です。

スリップウェアの多くは型作りですからかたちは同じでも紋様はいろいろなものを作っています。
須恵器は先日も少し書いたようにあまり意識で抑えこまずに手も掛けすぎずにかたちしたいと思っています。
スリップウェアにしても須恵器にしてもそれぞれ窯の中でかたちも動き、また焼け上がりの色彩にも相当の振れ幅が出るのです。
いっぽう焼けむらがあまり望ましくない白釉のものについてはかたちもそれなりの規格で揃えて作ってゆきたいと思っています。

もともとはプロダクトデザインを扱われていたknulpAAのオーナー町田さんから突然丁重なメールを頂戴したのが秋も終わりの寒くなりはじめた頃のことでした。
うつくしいものさがしますとこのブログとをご覧になってお声掛けいただいたのだそうで、今までネットの情報をきっかけにお店から連絡をいただくということはあまりなかったもので驚くと同時にありがたい事だと思いました。
陶器にしてもさまざまな他のものにしても今ではネットで見てすぐに注文するということは何も珍しいことではなくなりました。
しかし実際に手に取ってご覧頂いたこともなくお目にかかってお話ししたこともないというのは、きっとこれは先方にとっても同じかと思いますがこういうお付き合いを始めるに当たって不安があったのも事実です。
いくつかのサンプルを送ったり電話やメールをやり取りしながらご縁は結実したのですが早いうちに一度お訪ねしたいと思っています。
それはもちろんお店であれ一般のお客様であれ選んだひとつのうつわにはたくさんの中からそれを選んだ相応の理由があるのと同じように、作り手の側にも出来上がったひとつのうつわの背景には感じたことや考えたことがたくさんあるわけで、そういうものが共感しあえるということは本当に嬉しくありがたいことです。

余談ですが東京都内でものを常設いただく機会はこの数年間絶えておりまして久々に仕事が上京することはちょっと面映いような気持ちです。
ありがたいことにうつわはぼく自身も行ったことのないあちこちの土地の誰かの食卓に出かけて働いているのですがまたここを起点に多くの方のところに結縁することを願っております。
どうぞknulpAAへ御訪ね下さい。

営業日時や連絡先など詳しい情報は下記お店のサイトよりご確認下さい。
knulpAA  Top page
[PR]
by slipware | 2011-02-01 22:30 | お取扱い店舗 | Trackback

須恵 七寸平鉢

b0027248_15485879.jpg

須恵 七寸平鉢 2010夏  h:52mm w:208x215mm


スリップウェアの場合は型作りのものがほとんどですがカップなどの轆轤で作るものに関しても割合たっぷりと厚みを残して柔らかいかたちに仕上げたいという気があります。
スリップウェアに使っている土が比較的砂っぽいざっくりとしたものであまりぴしっと薄く仕上げるのには向かない上に、さらに化粧土を掛けて釉薬を掛けて装飾するわけですからなおさらフォルムは緩くなるのです。
ぼく自身はスリップウェアというやきものには紋様装飾も含めてそういうゆったりとしたおおらかなものを求めているのでしょう。

いっぽう須恵器のかたちはそうではありません。
古代の須恵器はそうシャープなものばかりでもなくわりに柔らかい雰囲気の造型も見られますがあくまで自分の場合の話しです。
こういう無釉のやきものは轆轤したままの仕上げがそのままに焼けて固まります。
こちらはなるべく手をかけないで自分の感覚で押さえこみすぎずにかたちを作りたい。
轆轤の上でびゅんと伸ばして簡単に済ませたかたちは長時間の高熱で熔けて小さく焼け締まりながら折り合いをつけます。
時には高熱が過ぎてかたちが崩れたり、傾いたり、薪に押されたりして隣のものとくっついたりもします。
しかしそうして仕上がることで最初の轆轤の上での味気ないくらいのものも自然な姿に戻されるのだという気がします。

写真は先の六寸と同じような七寸の平鉢ですが積み重ねて焼いた高温の窯の中で上下のものとくっついて大きくかたちが歪んだものです。
くっついたうつわにはくっつた痕跡が残り、くっついたものならではのかたちに出来上がってきますがこれはこういうものとしてそのまま受け取りたいと思うのです。

昨今は陶器のようなものも完全品であることが求められすぎるような気がしてならないのですが、本来陶器とはそういう事とは折り合いが悪いものではないかとも思うのです。
むろん江戸、明治、大正、昭和と技術は革新され続け工業製品の登場でなおさら完成度の高いものが手仕事にも求められる土壌ができました。
きゅうりでも大根でも真っ直ぐで大きさの揃ったものが求められるという、現代はそういう時代なのです。
ところがそういう過程で抜け落ちたものがあるには違いないのです。
魚は広い海を泳ぎまわっている、大根は土に突き刺さっている、陶器とはもともとこういうものであるというそういうあたりまえのことを発信してゆくのもぼくたちの大切な役割には違いないと思うのです。
もちろん養殖の魚、工場の中で水耕栽培で作るトマト、タイマーをセットして電気窯で焼いた陶器を否定するわけではありません。
そちらにはそちらの価値と論理があるでしょう。
手仕事は手仕事として本来の性を取り戻してゆきたいものだと願っております。
[PR]
by slipware | 2011-01-20 16:31 | 須恵 | Trackback