タグ:灰釉 ( 38 ) タグの人気記事

灰釉土瓶

b0027248_08063879.jpg
灰釉土瓶 2017年末


開催中のSML個展も後半です。
最後の週末となりました。
今月になってたくさんアップしているものはすべて本展にお届けしたものです。
残っているものもすでにどなたかに選んでいただいてどこかの食卓で働きはじめたものもあるかとは思いますが、たくさんの陶器をお届けしていますのでまだまだ紹介しきれないものがあることと思います。
是非SMLへお出かけください。





[PR]
by slipware | 2017-12-23 08:18 | 茶のうつわ | Trackback

灰釉 壺/筒

b0027248_0333764.jpg

灰釉 壺/筒  2017年秋

[PR]
by slipware | 2017-12-15 00:41 | そのほかのもの | Trackback

「咖喱と古民藝 」 SML

b0027248_864183.jpg

本年もまた昨年に引き続き9/9(土)~18(日)は中目黒のSMLにて恒例の「咖喱と古民藝」展が開催されます。
新作の灰釉のうつわをお届けする予定です。

objects佐々木創さんの集めた古民藝は魅力的なものがたくさんあるようですし、バーナード・リーチさんの助言で柳宗悦家で作られていたというカレーをフードスタイリストの中山暢子さんが再現したという民藝咖喱食堂や人気店cafe RED BOOKの中目黒咖喱食堂は今年もあるようです。
どちらも参加の作り手のうつわで食べて頂けるとのことでもちろんうちからもうつわを出します。

皆様ぜひ中目黒のSMLにお越しください。
よろしくお願い致します。


詳細は下記リンクでご確認ください。
SMLホームページ
[PR]
by slipware | 2017-08-27 08:11 | お知らせ | Trackback

角鉢 呉洲/灰釉

b0027248_22421835.jpg

角鉢 呉洲/灰釉  2016秋


昨年末からいろいろ手がけている型物のうつわですがこちらが今のところ一番複雑な線を使ったものです。

このあと間もなく始まりますknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。

自分も会場で皆様のお越しをお待ちする予定です。
ぜひお越し下さい。
それではどうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by slipware | 2016-12-03 09:00 | 食のうつわ | Trackback

花弁皿 呉洲/灰釉

b0027248_1372889.jpg

花弁皿 呉洲/灰釉  2016年秋


こちらも花弁をモチーフにして余白を大きく取った花弁皿です。

12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-12-01 13:22 | 食のうつわ | Trackback

灰釉 楕円鉢

b0027248_22172056.jpg

灰釉 楕円鉢  2016秋


こちらは先日のSMLさんの咖喱と古民藝展のカレー皿として作ったかたちです。
咖喱と古民藝展では白釉のものを出したのですが12月3日からのknulpAAgalleryでの個展では白釉のものとともに灰釉で仕上げたものもご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-11-29 20:00 | 食のうつわ | Trackback

灰釉 湯呑茶盌

b0027248_833714.jpg

灰釉 湯呑茶盌  2016夏


民藝の世界では昔から濱田庄司さんや金城次郎さんのたくさん手がけられた湯呑のかたちが後に多くの人も作るようになって濱田型、次郎型と呼ばれてある種の雛形にもなっています。
こちらはやはり多くの人が手がける胴紐の湯呑を轆轤する途中で上半をクッと内側に決める直前のフワッと膨らんだ姿です。
こんなものがニュースタンダードになり得るとも思ってはいませんが、轆轤というのも文字と同じでそれぞれの人の特徴が出るもので、これはなかなかひどいクセ字しか書けないとそういう意味では自分らしいかたちのものではないかという気がするのです。

画像現品だったかどうかはっきりしませんが同じようなタイプのものは12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-11-28 08:46 | 茶のうつわ | Trackback

筒描灰釉 盌

b0027248_23244329.jpg

筒描灰釉 盌  2016夏


灰釉の調子は我ながらとても良いと思います。
筒描の盛り上がった線にたまった部分と流れた部分の陰影と表情を楽しみたいのです。

こちらは写真の現物だったかどうか確かではありませんが、もしかしたらこれではなくとも同じようなものを12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-11-27 23:30 | 食のうつわ | Trackback

花弁小皿 呉洲/灰釉

b0027248_21433112.jpg

 花弁小皿 呉洲/灰釉  2016秋


こちらも先日のフクギドウ個展で初お披露目の花弁皿です。
花弁型のモチーフは多くの作り手が取り組んでいますが、バランスを見ながらあれこれやってみてもなかなかむずかしく、外のかたちを花びらにしないで分厚くしっかりとした丸い輪郭に収めてようやく自分として腑に落ちました。
轆轤のかたちは即興的なものですが型物の場合はもう少しじっくりと詰めて取り組むのでDMに寄せた動的と静的ということだけではないそれぞれの対比が作り手としても面白いものです。

12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-11-26 21:53 | 食のうつわ | Trackback

灰釉/飴釉 燭台

b0027248_22453572.jpg

灰釉/飴釉 燭台  2016年春


前回の窯に引き続き、今回も燭台をいろいろと作りました。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
by slipware | 2016-04-13 22:51 | そのほかのもの | Trackback