「ほっ」と。キャンペーン

タグ:器使い ( 24 ) タグの人気記事

灰釉 楕円鉢

b0027248_22172056.jpg

灰釉 楕円鉢  2016秋


こちらは先日のSMLさんの咖喱と古民藝展のカレー皿として作ったかたちです。
咖喱と古民藝展では白釉のものを出したのですが12月3日からのknulpAAgalleryでの個展では白釉のものとともに灰釉で仕上げたものもご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-11-29 20:00 | 食のうつわ | Trackback

「咖喱と古民藝 」 SML

b0027248_2331353.jpg

本年もまた昨年に引き続き10/22(土)~10/30(日)は中目黒のSMLにて恒例の「咖喱と古民藝」展が開催されます。

フクギドウ個展開催中につき在廊することは出来ませんが新作の白釉のうつわをご覧頂きます。
objects佐々木創さんの集めた古民藝は魅力的なものがたくさんあるようですし、バーナード・リーチさんの助言で柳宗悦家で作られていたというカレーをフードスタイリストの中山暢子さんが再現したという民藝咖喱食堂や人気店cafe RED BOOKの中目黒咖喱食堂は今年もあるようです。
どちらも参加の作り手のうつわで食べて頂けるとのことでもちろんうちからもうつわを出しています。

皆様ぜひ中目黒のSMLにお越しください。
よろしくお願い致します。

詳細は下記リンクでご確認ください。
SMLホームページ
[PR]
by slipware | 2016-10-19 23:15 | お知らせ | Trackback

「前野直史展」 フクギドウ

b0027248_84441.jpg
b0027248_8432890.jpg


常設やいろいろなイベントでいつもお世話になっている神戸六甲にありますフクギドウで個展としては初めて紹介いただくことになりました。
スリップウェアや最近力を入れている型物のうつわなど普段使いに出来る小さなうつわを中心にいろいろとご覧いただきます。

初日と2日目は在廊して皆様のお越しをお待ちしております。
また初日15時からは「前野直史さんのお茶の時間」という茶話会も予定されています。
こちらは上のDM画像にありますように要予約です。
皆様とお会い出来るのを楽しみにしております。
どうぞよろしくお願い致します。

フクギドウの個展情報ページ
[PR]
by slipware | 2016-10-07 08:55 | お知らせ | Trackback

「咖喱と古民藝 」 SML

b0027248_141444.jpg

本年もまた昨年に引き続き8/29(土)~9/6(日)は中目黒のSMLにて恒例の「咖喱と古民藝」展が開催されます。

今年は会期中に在廊することは出来ませんがスリップウェアのカレー皿などをご覧頂きます。
バーナード・リーチさんの助言で柳宗悦家で作られていたというカレーをフードスタイリストの中山暢子さんが再現したという民藝咖喱食堂は今年もあるようです。
こちらは参加の作り手のうつわで食べて頂けるとのことでもちろんうちからもうつわを出しています。

皆様ぜひ中目黒のSMLにお越しください。
よろしくお願い致します。

詳細は下記リンクでご確認ください。
SMLホームページ
[PR]
by slipware | 2015-08-27 08:30 | お知らせ | Trackback

「咖喱と古民藝 」 SML

b0027248_15355826.jpg

この企画も恒例になりまして昨年に引き続き9/6(土)~9/16(火)は中目黒のSMLにて今年も「咖喱と古民藝」展が開催されます。

今年の春はGSWにも行けなかったのでぼくも初日はお店に伺いまして一日在廊しようと思います。

バーナード・リーチさんの助言で柳宗悦家で作られていたというカレーをフードスタイリストの中山暢子さんが再現した民藝咖喱食堂もあるようで楽しみです。
こちらは参加の作り手のうつわで食べて頂けるとのことでもちろんうちからもうつわを出しています。

皆様ぜひ中目黒のSMLにお越しください。
よろしくお願い致します。

詳細は下記リンクでご確認ください。
SMLホームページ
[PR]
by slipware | 2014-09-04 15:33 | お知らせ | Trackback

用の美の空間2013

今年も地元の美山かやぶき美術館にて南丹市工芸家協会主催で用の美の空間2013が開催されます。

今年はぼくはこういう場所ならではということで今まで作ってきたもののうちから弟子時代のものも含めて自家用に普段から使っている茶碗類を10点ほどご覧戴くつもりです。

なお今回は協会所属の陶、木、漆、ガラス、染、織、組紐、竹などを素材とする以下の工芸家が参加しています。
市岡和憲、井上啓、上仲厚子、遠藤公誉、奥主悟、吉良學、黒田邦臣、熊本一哉、櫻井靖泰、中川勝之、長元宏、馳平益由、早﨑勲、増田登志寿、前野直史、矢原早苗、矢原大二郎(五十音順、敬称略)

開館日:2013年3月20,23,24,30,31日 4月2~21日 月曜日休館
時間:10:00-16:30
住所と問い合せ先:601-0751 京都府南丹市美山町島 tel 0771-75-1777 美山かやぶき美術館
[PR]
by slipware | 2013-03-11 13:04 | お知らせ | Trackback

マルメロ/pulg 『きちんと知ろう。山の暮らしと手仕事 』

1月23日〜2月3日まで神戸元町のマルメロさんにて丹波篠山のplugさんの出張イベントが開催されます。
これは丹波の暮らしから生まれたものとして平山元康さんの陶器のお仕事、ハタノワタルさんの和紙のお仕事と共に紹介戴くものです。

初日23日には平山さんと一緒に会場に行かせていただくつもりです。
また26日はハタノさんとplug店主の吉成さんのトークイベント『きちんと知れる食と暮らし』もあります。

ぼくの仕事としては年末に焼いた新作を中心に白磁やスリップウェアのご飯茶碗やカップなど普段使いのうつわをいろいろとご紹介いただきます。
イベントのタイトルの通り手仕事の作品とともに暮らしぶりを記録した写真アルバムも準備していますので合わせてご覧いただければと思います。


イベントの詳細はリンク先の両店からの告知情報をご覧いただき、是非お出かけください。
・マルメロ
・plug
[PR]
by slipware | 2013-01-20 12:00 | お知らせ | Trackback

フクギドウ 新年企画展『お茶のじかん』

2013年自分にとっての最初の企画は1月10日から神戸のフクギドウ201号室の新年企画展『お茶のじかん』です。
企画詳細はリンク先のお店のサイトをご覧戴くとして、自分の出展内容は表題どおりに今回はお茶のひと時を楽しむマグカップやシュガーポットなど、またもちろんスリップウェアのうつわなど年末に焼きたての新作もご覧頂く予定です。

昨年後半にフクギドウのイベントスペースとしてオープンしたフクギドウ201号室には初登場ですのでどんな感じだろうなと楽しみです。
 
よろしくお願い致します。

フクギドウ201号室 新年企画展『お茶のじかん』
2013年1月10日−19日(期間中無休)
神戸市灘区八幡町4-9-27六甲ビル201
tel 078-862-3650
OPEN/10:00~17:00
[PR]
by slipware | 2013-01-09 09:48 | お知らせ | Trackback

呉洲刷毛目 ごはん茶碗

b0027248_1743770.jpg

呉洲刷毛目 ごはん茶碗  2012年末  w:117mm h:65mm  


近年工芸やうつわのちょっとしたブームの中でごはんを食べるうつわについて「めしわん」という呼称が流行っているようですが、これがぼくにはどうにも居心地の悪い言葉に感じられて仕方がありません。
なにも上品ぶろうというわけではありませんが小さい頃から「御茶碗(おちゃわん)」「御飯(ごはんちゃわん)」で日々の「ごはん」を頂いて育ってきたのでいくら流行ろうと今更「めしわん」を作ってみようとも思いはしませんし使ってみようという気にもなれません。
日本の暮らしの中で大切に大切にされてきた主食である「ごはん」を食べるうつわだからこそわざわざ「御」の文字が添えられているのではないかとも思います。
ある時代やある地方や社会のなんでもない言葉なのかも知れませんが、これを今わざわざ生活文化や工芸の世界で積極的に使うことに非常な違和感と抵抗があるのです。

さて本年最後の写真はこれも今回の窯のもので呉洲刷毛目のごはん茶碗です。
こういううつわは特に高台と胴の線の関連を大切にしたいと思ってかたちしています。
[PR]
by slipware | 2012-12-31 22:00 | 食のうつわ | Trackback

南丹工芸文化祭 町家ミュージアム

b0027248_23231483.jpg

南丹工芸文化祭の地元工芸作家の部門として園部町本町の何ヶ所かの古民家などを使った町家ミュージアムという企画に参加いたします。
ぼくの展示は文政3年に建てられた妻入り様式の古い合羽屋旅館が会場になります。

会期は2011.10.29-30日の2日間です。
29日は午前9時~午後4時まで、30日は午前9時~午後3時までとなっております。
会期中は会場に居りますのでどうぞ遊びにお出で下さい。
[PR]
by slipware | 2011-10-28 23:40 | お知らせ | Trackback