タグ:トーク ( 9 ) タグの人気記事

「民藝と暮らす2017」 阪急うめだ本店

5月31日〜6月5日に昨年に引き続き今年もまた大阪の阪急うめだ本店9階祝祭広場にて「民藝と暮らす2017」が開催されます。
こちらは日本各地の作り手を廻って使い手と繋いでいる配り手たちに注目したという点でも面白い切り口の企画かと思います。
昨年と同じくスリップウェアはSML、それ以外のうつわをplugの両店ブースでお世話になることになりました。

そして今回もまた会期中にはさまざまなトークやワークショップなどが企画されており、ぼくもまた6月3日の午前11時から日本民藝協会 雑誌『民藝』編集者の村上豊隆さんと「民藝と呼ばれる前からある仕事」というタイトルでトークさせていただきます。

同じ会期で同フロアに於きまして「二風谷アイヌと八重山の民藝」とバーナード・リーチ、河井寬次郎、濱田庄司さんら初期民藝運動の中で活躍された巨匠たちのものなどを紹介する「民藝の同人と松本民芸家具」も開催されます。
民藝関係では関西でもっとも大きなイベントのうちの一つですので皆様是非楽しみにしてお越し下さい。


●トーク 「民藝と呼ばれる前からある仕事」
陶工 前野直史・日本民藝協会 雑誌『民藝』編集者 村上豊隆
6月3日午前11時〜
[PR]
by slipware | 2017-05-24 11:52 | お知らせ | Trackback

「涼やかな夏のインテリアスタイル 民藝と暮らす」 うめだ阪急本店

うめだ阪急本店9階 祝祭広場にて6月1日〜5日に表題のイベントが行われます。
全国のお店が出店されるというかたちのようで、自分はSMLplug両店のブースに出品しております。

また会期中にはさまざまなトークやワークショップなどイベント内イベントが企画されており、全国のお店や作り手の方なども沢山お越しになるようで、民藝関係の大きなイベントでとても楽しみにしています。
自分も初日には下記トークショーをしますのでみなさまぜひおいで下さい。

スリップウェア書籍出版記念
陶芸家 前野直史さん、齊藤十郎さん、ライター 澁川祐子さんによるトークショー
●6月1日(水)午後2時~(約45分)


イベント詳細情報はこちらのリンクでご確認下さい。
[PR]
by slipware | 2016-05-28 22:11 | お知らせ | Trackback

「GOLDEN SLIPWARE2016」 SML

b0027248_0124941.jpg


今年もまた恒例の企画「GOLDEN SLIPWARE2016」 が東京都中目黒のSMLで開催されます。
今年で6年目のこの企画が日本の普段使いの器としてスリップウェアが定着するのにずいぶん大きい役割を果たしたのではないかと思います。
今回も日本のスリップウェアを代表する多くの作り手と共に企画に参加させていただきます。

初日と2日目はぼくもお店で皆様のお越しをお待ちしております。
また初日はオープニングパーティーが、2日目はファン待望のスリップウェア本の発売を記念しまして3年前と同じく澁川祐子さんを進行役に齊藤十郎さんとのトークショーが企画されていますのでこちらも自分としても楽しみです。
イベント詳細はSMLホームページにてご確認下さい。

【オープニングスリップウェアパーティー 無料】
4/29(金)17:00~
フードスタイリストの中山暢子さんによるお料理とお酒を、作り手と共にお楽しみください。・

【前野直史×齊藤十郎 スリップウェアトークショー】
4/30(土)15:00~
事前予約制/先着20名/会費¥1000(1drink付)
お申し込みは、SMLウェブサイト(www.sm-l.jp)の申し込みフォームよりお願い致します。
スリップファンの必読書!
「スリップウェア 英国から日本へ受け継がれた民藝のうつわ その意匠と現代に伝わる制作技法」出版を記念して、
本書で制作技法を披露している前野直史さん、齊藤十郎さんを迎えスペシャルトークショーを行います。
司会には編集、執筆された澁川祐子さん。
スリップウェアについてや、取材の裏話しなどを伺います。
[PR]
by slipware | 2016-04-25 00:18 | お知らせ | Trackback

NEED for ROOTS

b0027248_17563083.jpg


春にはゴールデンスリップウェアでお世話になっているSM-gさんにて9月7日〜16日まで丹波篠山の作陶家平山元康さんとの2人展です。
初日の夕方からは予約制ですが二人でトークショウとぼくたちの地元丹波の食材を用いたminokamo 長尾明子さんのお料理を楽しむ会も開催されます。
 
低い山々が折り重なるように続く間を清流が流れるここ丹波の地には古来から人々が住み着いていました。人の暮らしのあるところには当然さまざまな手仕事が発展します。豊かな自然環境に恵まれた丹波には手仕事に必要な原料があり、また丹後半島からは当時先進の渡来系技術も入ってきたことかと思われます。さらには京に都が定められた後はその繁栄と共に拡大する物資の需要を支える役割を担う立場にもありました。森林資源に直接依存する建材や薪炭の生産は言うまでもありませんが、丹波布や丹波焼など世界に誇るべき独特の様式と美を持った工芸もまたこのような事情のもとで発達したのです。
これらの丹波の手仕事が地方的な工芸としては異例の洗練された様式を持つに至ったのはこのように都市近郊であればこそ都文化の影響を受けたからにほかなりません。
どういうわけか丹波の國は明治維新の廃藩置県の折に京都府と兵庫県に分割されてしまいましたが、お互いに丹波で学び丹波で仕事をする兵庫の平山さんと京都の自分とで丹波を語るというのはなかなか面白いことかと思っています。

初日と2日目はふたりとも在廊してお待ちしております。
ぜひお越しくださいませ。

会期:9/7(土)〜9/16(月・祝)
時間:12-20時(土日祝は11時〜)
場所:SM-g 東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F
  

会場の様子です
[PR]
by slipware | 2013-09-02 10:21 | お知らせ | Trackback

「ゴールデン スリップウェア 2013とスペシャルトークショー」 SM-g

b0027248_10131566.jpg

ゴールデンウィークに毎年行われているスリップウェアの作り手を集めた日本最大の祭典「ゴールデン スリップウェア 2013」が今年もまた東京都中目黒のSM-gにて開催されます。
GSWも今年で早くも3年目で、楽しみに待ってくださっているという声を聞くことも多く、ありがたい限りです。
なんといってもスリップウェアはぼく自身がやきものを作りたいと思ったきっかけでもありますし、また仕事の柱でもあるので自分自身も大いに楽しみにしている企画です。

そして今年は会期中の5月4日にスペシャルトークショーとしてライターの澁川祐子さんの司会で齊藤十郎さんとお話しさせていただく事になりました。
こちらは要予約のイベント企画ですので詳しくはリンク先から御確認ください。
スリップウェアファンの皆さまとともにどんな話になるのかとこちらもとても楽しみにしています。

トークショー以外の時間も5月4日と5日は終日在廊します。
多くのお客様とお目に掛かって直接お話しさせていただきたいと思っております。
ぜひお越しください。


・ゴールデン スリップウェア 2013
会期:4/27(土)〜5/12(日)
場所:SM-g 東京都目黒区青葉台1-15-1 AK-1ビル1F
  
SML/SM-gのホームページ
ゴールデンスリップウェアFacebook
スペシャルトークショー
[PR]
by slipware | 2013-05-01 17:52 | お知らせ | Trackback

『英国の古陶 スリップウェアに憧れて』 阪急うめだ本店 

告知が遅くなりましたが今日7日~13日まで阪急うめだ本店の英国フェア2012にちなみまして7階くらしのギャラリー横のお茶を楽しむギャラリーでも『英国の古陶 スリップウェアに憧れて』という企画が開催されます。
生誕125周年を迎えるバーナード・リーチさんの展覧会も各地で巡回して注目を集めていますが、この企画ではリーチさんゆかりの丹波の丹窓窯、島根の湯町窯を中心に長崎の中川紀夫さんと共にぼくのスリップウェアをご覧いただきます。

また11日(日)は午後2時からスリップウェアについてのトークショウをさせていただくことになりました。
今回は直接的に自分の作陶の仕事についてというよりはスリップウェアとはどういうものであるのか、それがどのようにして日本に伝わってきてこのように愛されるようになったのか、というようなことについて英国の古いスリップウェアなどをご覧いただきながらお話しをさせていただくかと思います。
当日朝から会場にてご予約を受けさせて頂きますのでこちらも是非お越しください。
[PR]
by slipware | 2012-11-07 09:48 | お知らせ | Trackback

-用と美の心-民藝展 大阪高島屋

10月10日より大阪高島屋にて生誕125周年の「バーナード・リーチ展」「-用と美の心-民藝展」が行われます。
この民藝展に参加しているフクギドウ期間限定ショップにスリップウェアを中心に参加させていただくことになりましたのでお知らせいたします。

また初日10日の14時から民藝展会場にてトークショウを行うことも決まりました。
やきもののことスリップウェアのことなどをお話させていただく予定です。

なおリーチ展は22日まで、民藝展は15日までです。
それぞれその後京都高島屋に巡回しますがぼくの出品しているのは大阪店のみです。
リーチ展ともども是非足をお運び下さい。
[PR]
by slipware | 2012-09-30 00:43 | お知らせ | Trackback

「ゴールデンスリップウェア展」 SM-g

b0027248_23325361.jpg

スリップウェア リム皿 2012春  h:40mm d:250mm


昨年に引き続き4月28日〜5月13日まで今年もゴールデンスリップウェア展に参加します。
昨年は恵比寿のSMLが会場でしたが本年は青葉台のより広いイベントスペースSM-gにて開催されます。

また会期中の5月5日には5名の作り手が集まってスペシャルトークショ−go! go! slipwareも行われます。
まったく手探りで進んできた自分にとってはこちらもそれぞれの方がどういう技法に思いを込めてスリップウェア作りに取り組まれているのかとても興味深く楽しみにしております。

画像は今回の初窯からのもののひとつです。
以前に一度取り組んだ時とはかなり違う出来になりました。
[PR]
by slipware | 2012-04-24 23:58 | お知らせ | Trackback

前野直史のおしゃべりな春

この春は3箇所でいろんなお話をさせていただく機会があるのでお知らせいたします。

4月15日は先日お知らせいたしました美山かやぶき美術館で13:00~14:30に「作り手によるトークバトル」です。
こちらは陶芸家の増田登志寿さん井上啓さん、木工芸家で京都匠塾主宰の高橋博樹さんとぼくとの4人で何かお話をさせて頂く予定です。

5月5日は目黒区青葉台のギャラリーSM-gにて昨年に引き続き本年もGSW2が行われ、この会期中のイベントとして伊藤丈浩さん、井上尚之さん、齊藤十郎さん、山田洋次さんと共に5人のスリップウェアの作り手のトークショーgo! go! slipwareが行われます。

5月13日は大阪日本民芸館での武内晴二郎展の会期中に行われる兵庫県民芸協会所属の作り手6名でのみんげい市にて14:00~15:00に木工芸家の旭逸也さん、児玉正和さん、辻本知之さん、作陶家の坂西康俊さん、西堀志伸さんと共に座談会があります。

それぞれの場とメンバーと内容でどのような話になることか楽しみにしています。



以下、後日追記

楽しく盛り上がった東京SM-gでの「go! go! slipware」の様子はお店のブログに紹介されています。
5人に加えて十場天伸さんも急遽駆けつけて下さり作り手6人でのトークになりました。
「go! go! slipware」トークショー!其の壱。
「go! go! slipware」トークショー! 其の弐。
「go! go! slipware」トークショー 外伝!
[PR]
by slipware | 2012-03-28 22:12 | お知らせ | Trackback