藍彩白掛壺

b0027248_19383763.jpg

藍彩白掛壺 h:22.5cm


轆轤で赤土をかたちしたあと口を残して白泥を掛け、さらに土灰釉を掛けてから呉洲という藍色の彩料を打ち掛けしています。
こういう仕直しのきかない仕事が好きです。
[PR]
# by slipware | 2004-09-18 19:39 | 花のうつわ | Trackback

スリップウェア

b0027248_3271915.jpg

スリップウェア 2003 秋   h:8.0cm d:35.0cm


丹波の赤土部、白丹波、イギリスのスリップウェア、朝鮮の粉引、大外山の唐津などにひかれてやきものを作りはじめました。最初はものを見て、本を読んで、あれこれ試行錯誤しながら取り組みました。

何処か柔らかな風合いのこれらことごとくが泥によって装飾されたやきものであるというのは後になって技術を知ってからわかったことです。
泥釉陶器。
化粧陶器。
きっとそういう好みなのでしょう。

決して今ではこの手のやきものばかりではなく、白磁の器さえ作ってはいますが、それでもこれらのものが心を捕らえて離しません。
[PR]
# by slipware | 2004-09-17 03:29 | slipware | Trackback