丸紋 土瓶

b0027248_22563379.jpg

丸紋 土瓶  2016年春


こういう丸い胴を釉薬につけるやり方は益子や琉球にもありますが更に古くはやはり丹波の古陶に見られます。
自分としては今回初めてやってみましたが簡単なやり方でありながらそう単純では終わらない効果だなと感心します。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
# by slipware | 2016-04-14 23:02 | 茶のうつわ | Trackback

飴釉 土瓶

b0027248_22482968.jpg

飴釉 土瓶  2016年春


こういう釉薬は窯の灰が釉の上に降りかかってさらに複雑な表情を見せてくれます。
釉薬の上に釉薬を重ねるようなこういう灰被きの効果を丹波の古陶から学びました。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
# by slipware | 2016-04-14 22:53 | 茶のうつわ | Trackback

糠釉黒打 土瓶

b0027248_20283283.jpg

糠釉黒打 土瓶  2016年春


土瓶もうひとつ。
糠釉の土瓶は生田和孝先生も清水俊彦師匠もたくさん作られました。
だからこそ、自分はあえて避けてきたようなところがありましてまだ多分10個もないかとも思います。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
# by slipware | 2016-04-14 20:31 | 茶のうつわ | Trackback

糠釉 土瓶

b0027248_19494826.jpg

糠釉 土瓶  2016年春


伝統的な陶器の中でも土瓶は特にかたちが機能に規矩され、見た目の安定感と使い勝手のどちらの面からしても本体と蓋、注ぎ口、耳のバランスが重要でさらにこれに持ち手を考える必要もあるので陶工にとってはなんとも難しく、またやりがいのある仕事だと思います。
立杭時代に師匠もいつもたくさんの土瓶を仕上げておられましたが、自分もいつかはやりたいと思いながらやはり難しいのとなかなか手がかかるので今までそれほど多くは作れないで来ました。
今回objectsの個展ではやはりそれほど多くは出来ませんでしたがいくつかの土瓶をひさびさに作りました。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
# by slipware | 2016-04-14 20:03 | 茶のうつわ | Trackback

湯たんぽ 糠釉黒打 

b0027248_8523813.jpg

湯たんぽ 糠釉黒打  2016年春


昔の湯たんぽを見れば日本のものは筒型や砲弾型のものが多いようですが西洋のものにはお饅頭型のものもあるようでこういう違いは面白いなと思います。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
# by slipware | 2016-04-14 08:56 | そのほかのもの | Trackback