焼締 珠

b0027248_22354424.jpg

焼締 珠  2016夏



12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
# by slipware | 2016-12-02 09:00 | そのほかのもの | Trackback

飴釉 櫛描浅鉢

b0027248_22262836.jpg

飴釉 櫛描浅鉢  2016夏


化粧土を掛けた上に櫛を走らせて一気に描いたものは古くは唐津諸窯の仕事にもあればまた英国のスリップウェアにも見られるものです。
内側だけに化粧土と釉薬を施して縁から外側にかけては土肌のままで仕上げました。

12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
# by slipware | 2016-12-01 20:00 | 食のうつわ | Trackback

花弁皿 呉洲/灰釉

b0027248_1372889.jpg

花弁皿 呉洲/灰釉  2016年秋


こちらも花弁をモチーフにして余白を大きく取った花弁皿です。

12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
# by slipware | 2016-12-01 13:22 | 食のうつわ | Trackback

灰釉 楕円鉢

b0027248_22172056.jpg

灰釉 楕円鉢  2016秋


こちらは先日のSMLさんの咖喱と古民藝展のカレー皿として作ったかたちです。
咖喱と古民藝展では白釉のものを出したのですが12月3日からのknulpAAgalleryでの個展では白釉のものとともに灰釉で仕上げたものもご覧いただきたいと思います。
[PR]
# by slipware | 2016-11-29 20:00 | 食のうつわ | Trackback

灰釉 湯呑茶盌

b0027248_833714.jpg

灰釉 湯呑茶盌  2016夏


民藝の世界では昔から濱田庄司さんや金城次郎さんのたくさん手がけられた湯呑のかたちが後に多くの人も作るようになって濱田型、次郎型と呼ばれてある種の雛形にもなっています。
こちらはやはり多くの人が手がける胴紐の湯呑を轆轤する途中で上半をクッと内側に決める直前のフワッと膨らんだ姿です。
こんなものがニュースタンダードになり得るとも思ってはいませんが、轆轤というのも文字と同じでそれぞれの人の特徴が出るもので、これはなかなかひどいクセ字しか書けないとそういう意味では自分らしいかたちのものではないかという気がするのです。

画像現品だったかどうかはっきりしませんが同じようなタイプのものは12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
# by slipware | 2016-11-28 08:46 | 茶のうつわ | Trackback