「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

第12回 くらしの工芸展

b0027248_20553193.jpg

b0027248_2049471.jpg

b0027248_2050931.jpg

前回はゲスト参加でしたが今回は実行委員としても準備から関わってまいりました「第12回くらしの工芸展」が12月5日(木)〜10日(火)まで開催されます。
くらしの工芸展は兵庫県民芸協会所属の作り手が自ら企画運営と展示販売を行う隔年開催のイベントです。
自分としては先日の窯のスリップウェア中心にご覧頂く予定ですのでぜひお越しください。
毎日会場でお待ちしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 
なお今回はより民藝や手仕事に親しんでもらおうということで毎日実演/ワークショップと民芸ライブラリーという企画もイベント内で考えています。
こちらもぜひご参加下さい。



《会期中の実演・ワークショップのご案内》

時間 : 13:00〜15:00

12月5日 実演【南京鉋削り仕事】笹倉徹
12月6日 実演【丹波布糸紡ぎ】藤原晶子
12月7日 実演【生反り刳り仕事】児玉正和
12月8日 実演【ウール糸紡ぎ】藤田昌子
12月9日 W.S.【型染め・はがき作り】高木泉 〈はがき2枚 500円 6名〉
12月10日 W.S.【木工・楊枝作り】小島優 〈楊枝2本 500円 4名x2回〉

*ワークショップのお申し込みは当日先着順で受付ます。



《民芸ライブラリーのご案内》

兵庫県民芸協会が企画・運営する「民芸ライブラリー」を設けます。
民藝に関する本や雑誌を展示します。手に取って読んでいただけるように、テーブルや椅子も用意して、ごゆっくり鑑賞いただき読書にひたってくださればと考えております。

会員のご厚志で、昭和から今に至る雑誌『民藝』をはじめ民藝入門書や解説書、図録などを集め、貴重な民藝の資料としてお読みいただけるようにします。また、芹沢銈介などの民藝派作家の豪華本も古書店の協力を得て数点展示する予定です。

ここ2年間の雑誌『民藝』(新本)過去の雑誌『民藝』(古本)も販売予定です。お気に入りの特集号を見つけてください。
また映像コーナーも設けて、バーナードリーチの肉声解説が聞ける『リーチ・ポタリー』、外村吉之助の『木綿往生』なども鑑賞できるよう企画をすすめております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


第12回くらしの工芸展
会期:12月5日(木)〜10日(火)まで
時間:10−20時(ただし最終日は18時まで)
場所:神戸市三宮さんちか3番街・ さんちかホール
参加メンバー:旭逸也、小島優、児玉正和、坂西康俊、笹倉徹、高木泉、辻本知之、中村紀子、西堀志伸、広瀬汎亨、藤田昌子、藤原晶子、前野直史の当会メンバーに加えまして、阿部眞士さん、辻めぐみさん、三宅義一さん、村上恭一さんの各氏をゲストとしてお迎えして総勢17名


くらしの工芸展の情報はこちらからご覧ください
くらしの工芸展Facebook
くらしの工芸展Twitter
兵庫県民芸協会ブログ
[PR]
by slipware | 2013-12-01 20:53 | お知らせ | Trackback