「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:そのほかのもの( 15 )

呉洲 珠

b0027248_2240842.jpg

呉洲 珠  2016夏


12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-12-02 20:00 | そのほかのもの | Trackback

焼締 珠

b0027248_22354424.jpg

焼締 珠  2016夏



12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-12-02 09:00 | そのほかのもの | Trackback

黄釉 土鍋

b0027248_21254471.jpg

黄釉 土鍋  2016秋


先日のフクギドウ個展でもご覧いただきましたが数年ぶりに土鍋にも取り組みました。
エッグベーカーや一人用キャセロールほどの小さなもの、対流しやすい丸底の炊飯鍋、ジャムなど作るのに良さそうな片手鍋、ストーブの上で豆やシチューをゆっくり煮込むような大きめの寸胴などいろいろ作りました。

12月3日からのknulpAAgalleryでの個展でご覧いただきたいと思います。
[PR]
by slipware | 2016-11-27 22:34 | そのほかのもの | Trackback

湯たんぽ 糠釉黒打 

b0027248_8523813.jpg

湯たんぽ 糠釉黒打  2016年春


昔の湯たんぽを見れば日本のものは筒型や砲弾型のものが多いようですが西洋のものにはお饅頭型のものもあるようでこういう違いは面白いなと思います。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
by slipware | 2016-04-14 08:56 | そのほかのもの | Trackback

湯たんぽ 糠釉黒打

b0027248_840145.jpg

湯たんぽ 糠釉黒打  2016年春


湯たんぽは長年陶器を作ってきましたが今回初めて取り組んでみました。
やはり湯たんぽも昔は各地の窯で魅力的なものがいろいろと作られていたのですが今ではすっかり見なくなってしまったもののように思われます。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
by slipware | 2016-04-14 08:51 | そのほかのもの | Trackback

呉洲 燭台

b0027248_2321256.jpg

 呉洲 燭台  2016年春


和蝋燭の姿というのはそれ自身がうつくしいものですから、これを受ける燭台もまたしっかりしたかたちが欲しいと思います。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
by slipware | 2016-04-13 23:06 | そのほかのもの | Trackback

灰釉/飴釉 燭台

b0027248_22453572.jpg

灰釉/飴釉 燭台  2016年春


前回の窯に引き続き、今回も燭台をいろいろと作りました。

4月15日からのobjectsでの個展でご覧頂きます。
[PR]
by slipware | 2016-04-13 22:51 | そのほかのもの | Trackback

飴釉 燭台

b0027248_21101439.jpg

飴釉 燭台  2015年末


初めて燭台を作りました。
これは太い蠟燭をそのまま挿すものですが、釘を付けたものなど大きさやかたちをいろいろ変えていくつか取り組んでみました。

今回の個展はスリップウェアやチョーク描など近年沢山手がけているうつわと新しく取り組み始めた灰釉や呉州釉の型物に加えてここ数日でご紹介しているようにさまざまな蓋物や花器、水滴、燭台など食器以外のものもいろいろとご覧頂きます。

それでは明日19日11時スタートのSML個展にて総数563点のたくさんの陶器と一緒に皆様にお目にかかるのを楽しみにお待ちしております。
どうぞよろしくお願い致します。
[PR]
by slipware | 2015-12-18 21:22 | そのほかのもの | Trackback

呉州釉 水滴

b0027248_2114288.jpg

呉洲釉 水滴  2015年末


もうひとつ呉州釉の小品を紹介します。
こちらは呉州釉の上にたくさん燃料の灰が降りかかってなかなか重厚な仕上がりになりました。

いよいよ明日からのSML個展にてご覧いただきます。
[PR]
by slipware | 2015-12-18 21:03 | そのほかのもの | Trackback

掛分 ピッチャー

b0027248_21595647.jpg

掛分 ピッチャー  2014春  


灰釉と黒釉このどちらもプリミティブな印象の釉薬を掛け分けたものは思いがけないほどにモダンな気配のものになりました。

こちらは間もなくはじまるobjectsの個展でご覧頂きたいと思います。
[PR]
by slipware | 2014-05-28 22:05 | そのほかのもの | Trackback