「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:slipware( 49 )

slipware 角深鉢

b0027248_1134372.jpg

slipware 角深鉢  2015年夏


平面の粘土板に紋様してから後にかたちに仕上げる伝統的なスリップウェアの工程ではあまり深みのあるものはやりにくいので、多少苦労してこういうものは仕上げています。
側面の土肌の部分がよく見えて内側の紋様面との対比がよりはっきりとするのが面白いと思います。

10月14日から始まりますくらしのギャラリー個展でご覧頂きます。

今回は比較的近くでもありますので14,15,17,18日と在廊しております。
皆様とお目にかかるのを楽しみにお待ちしておりますのでどうぞお越し下さい。
[PR]
by slipware | 2015-10-13 08:21 | slipware | Trackback

スリップウェア 小皿

b0027248_21134165.jpg

絵替り スリップウェア 小皿  2015年春


こちらは11センチほどの小皿です。
今回の窯から新しく手に入れた極細のスポイトを使いはじめたのでこういう細い線も難なく使えるようになりました。

こちらもMsギャラリー12番丁での個展に出品しています。

本日23日と明日24日、最終日の31日は在廊日ですので会場にてお待ちしております。
是非お出かけ下さい。
[PR]
by slipware | 2015-05-23 09:30 | slipware | Trackback

slipware 皿

b0027248_949194.jpg

スリップウェア 皿  2012年春        (撮影:竹花康氏)


白地のスリップウェアはほとんどがこのようなくるくる紋様のものばかりを作っていますが、いずれも黒地に黄色のものよりは細めの線で仕上げています。



こちらも12月8日までのknulpAA gallery個展に出品しています。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

この写真は会場にて竹花康さんに撮っていただいたものです。
[PR]
by slipware | 2014-12-07 09:53 | slipware | Trackback

slipware 小皿

b0027248_1503923.jpg

スリップウェア 小皿 2014年秋       (撮影:竹花康氏)


小皿はスリップウェアに取り組み始めた頃からいろいろと数多く作ってきました。
瀬戸の馬の目皿のような渦巻きのこちらはknulpAA galleryの個展に出品しています。

個展は12月8日までです。
引き続きどうぞよろしくお願いいたします。
この写真は会場にて竹花康さんに撮っていただいたものです。
[PR]
by slipware | 2014-12-05 02:03 | slipware | Trackback

スリップウェア 角鉢

b0027248_21174562.jpg

スリップウェア 角鉢 2014年秋


スリップウェアについては岡山ではしましまばかりでしたがknulpAA galleryではそれ以外のものもいろいろとご覧頂きます。
画像のものはどちらか一方を並べています。
このようなくるくる紋様のものは白地に黒線のものもご覧頂きます。
[PR]
by slipware | 2014-11-27 21:24 | slipware | Trackback

スリップウェア 盌

b0027248_20495312.jpg
b0027248_2048765.jpg

スリップウェア 盌 2014秋  


今回の窯ではくらしのギャラリーの個展に向けて最もベーシックな縞紋様のスリップウェアもたくさん作りました。
knulpAA galleryの個展でももちろんこういうものもご覧頂きたます。
[PR]
by slipware | 2014-11-27 20:57 | slipware | Trackback

スリップウェア/チョーク描き  盌

b0027248_8303125.jpg

スリップウェア/チョーク描き  盌   2014春  


近年沢山取り組んでいる白地に黒でクルクルと描いたスリップウェアとチョーク描きにした同じ紋様のものです。

こちらは間もなくはじまるobjectsの個展でご覧頂きたいと思います。
[PR]
by slipware | 2014-05-28 08:53 | slipware | Trackback

スリップウェア 鉢

b0027248_029926.jpg

スリップウェア 鉢  2014年春


先程のものが動的な紋様パターンならこちらは縞紋様でうめつくされた静的なスリップウェアです。
英国の古いこういう縞紋様の静謐な気配に大変惹かれて、何年も繰り返し描いてようやく少し静かな線が描けるようになってきました。
こういうのを熟練の技術や静かで無心の心持ちの所為と見るのはやはりある意味ではあまりに一面的で、原料の状態やちょっとしたコツなどが原因である部分も少なくはないと思います。

こちらは間もなくはじまるobjectsの個展でご覧頂きたいと思います。
[PR]
by slipware | 2014-05-28 08:30 | slipware | Trackback

スリップウェア 角鉢

b0027248_23564339.jpg

スリップウェア 角鉢 2014春 


3本落としの道具で描いた紋様ですがこういうものこそスリップウェアの技法ならではの特色がはっきりと出て、作り手としてもひときわ独特の魅力を感じます。

こちらは間もなくはじまるobjectsの個展でご覧頂きたいと思います。
[PR]
by slipware | 2014-05-28 00:00 | slipware | Trackback

スリップウェア 鉢

b0027248_834967.jpg

スリップウェア 鉢 2014春  


陰陽で掛分けにしたものです。

こちらは間もなくはじまるobjectsの個展でご覧頂きたいと思います。
[PR]
by slipware | 2014-05-27 20:30 | slipware | Trackback