「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:錫白釉( 10 )

白釉鎬紋 盌

b0027248_22381838.jpg

白釉鎬紋 盌 2008年春  h:64mm d:124mm


鎬紋のこの盌はもともとは愛用しているフランスのカフェオレボウルからそのままサイズを頂いて広東盌のような切立の高台で作ったのですが、後に御飯茶盌として使いたいとの注文で5ミリ程だけ浅く作り直したものです。
鎬や面取の装飾は清水俊彦窯での弟子時代はずいぶんたくさんさせていただきましたが独立後はあまり多くはしていません。
師匠と似たふうなものというのは遠慮でもないのですがあえて自分がしなくともおまかせしておけばいいと思っています。
どうせいったん受け取ったものはどこかに出てくるに決まっていますから真似ることも避けることもないのです。

ザングリとして柔らかい風合いの布はお昼御飯に連れて行っていただいた大手前さんで求めた花布巾です。
大手前さんはそのお店やメニュー全体に行き届いた心遣いとはっきりとした姿勢がほんとうに素晴らしいお店でしたがこの花布巾も見た目も使い心地もとても良いもので気に入っています。
[PR]
by slipware | 2009-08-01 23:39 | 錫白釉 | Trackback

白釉 コーヒーカップ&ソーサー 2種

b0027248_2346367.jpg

白釉 コーヒーカップ&ソーサー  2008年春    


錫の白釉のコーヒー茶盌組物を受皿とハンドルを共通にして丸形と縦型と2種類作ってみました。
土の性質で燃料の薪に含まれるアルカリ分と結びついて緋色と呼ばれる赤い色が指跡の釉の掛かっていない部分や釉薬の薄いところに強く出ましたがこれは志野焼のような釉薬に出るのは美しいものだと思いますがこの場合はむしろ無いほうがすっきりしていいような気がしました。
とは言え、これも新品の今の地点の印象で使い込んで全体が落ちついてきた時にはまた違う感じになるとは思います。
[PR]
by slipware | 2009-06-01 23:59 | 錫白釉 | Trackback

白釉 コップ

b0027248_12131729.jpg

白釉 コップ 2007年    h:104mm d:87mm


こちらは曲線的な姿の錫の白釉コップです。
[PR]
by slipware | 2009-06-01 12:32 | 錫白釉 | Trackback

白釉 コップ

b0027248_9231960.jpg

白釉 コップ 2007年    h:90mm d:93mm


錫を使った白釉のコップです。
こういうものを作るときにはサイズや持ちやすさや口当たりや重ねやすさやそういうことを考えます。
コップは何を飲むという程に具体的なものを考えてはいないのですがどういうわけか何人もの方がこれを焼酎を呑むためにと選んで下さいました。
ぼく自身は焼酎を飲む習慣が無いのでこれはわからないのですが大きさとかなにかがそういう感じなのかも知れません。
[PR]
by slipware | 2009-06-01 09:43 | 錫白釉 | Trackback

白釉  鉢

b0027248_4192759.jpg


白釉  鉢   2007春  h:12cm w:25cm


ギャラリーアールのシリーズもこれでひとまず御終いです。
こういう口辺を押して変化を付けたものは輪花鉢ともいいます。
瑞々しいサラダでもどかっと入れて朝の光で撮りたいような…
[PR]
by slipware | 2007-06-27 04:28 | 錫白釉 | Trackback

白釉 壺

b0027248_1723951.jpg


白釉  壺  2007春  h:21.8cm


さらにもう一枚ギャラリーアールでの写真です。
網代、古材、畳。こういうのいいですね。
[PR]
by slipware | 2007-06-25 17:29 | 錫白釉 | Trackback

白釉 皿

b0027248_1242318.jpg


白釉  皿  2007春  w:21cm


これもギャラリーアールでの写真です。
かたちは17世紀頃の古いデルフトほぼそのままを写しましたが、このような縁が大きく取られたものはありそうでなかなかありません。
白釉もデルフトと同じく錫の白なのですがこれは窯も焼き方も違うのでああいう気配を求めながらも技術的には東洋の伝統に基づいています。
実際に在るのか無いのか、という気はしますが在って欲しいものを作ってみたのです。
本当のデルフトと比べるとやきものとしてはかっちり堅くてよく締まって重みがあります。
[PR]
by slipware | 2007-06-25 01:33 | 錫白釉 | Trackback

白釉 壺

b0027248_23472826.jpg


白釉  壺  阿古陀型  2007春  h:12cm


こちらもギャラリーアールの展示中の写真です。
こういうくぼみのあるものを阿古陀といいます。
師の元での修業時分に立杭で見たことがある柿のかたちを思い出しながらときどき阿古陀形のものを作っています。
[PR]
by slipware | 2007-06-23 23:54 | 錫白釉 | Trackback

白釉 水注

b0027248_12155865.jpg


白釉  水注  2007春  h:16cm


ハンドルの付いたものをもうひとつ。
少し古いデルフトの気分で作ってみた小振りのピッチャーです。
写真はギャラリーアールの展示中のもの。
暗いところの手持ち撮影で写真がぶれていますが・・・
[PR]
by slipware | 2007-06-22 12:30 | 錫白釉 | Trackback

白釉 マグカップ

b0027248_0163466.jpg

白釉 マグカップ  2006年秋   h:10.5cm w:11.8×8.8cm


ここ数年取り組んでいるのですがなかなか完成しない白い器に少し目処が立ちました。
ミルクのような暖かい調子の白い釉薬でシンプルな食器を作りたいのです。
[PR]
by slipware | 2006-12-08 00:22 | 錫白釉 | Trackback